フェリア倶楽部コンテンツFELIA! CLUB

プレゼント・クーポンPRESENTS

芸能・エンタメ

山本美月主演『東京アリス』キャストが女子会トーク トリンドルが天然さく裂?

Amazonオリジナル連続ドラマ『東京アリス』メインキャスト(左から)朝比奈彩、山本美月、トリンドル玲奈、高橋メアリージュンにインタビュー (C)ORICON NewS inc.の画像

Amazonオリジナル連続ドラマ『東京アリス』メインキャスト(左から)朝比奈彩、山本美月、トリンドル玲奈、高橋メアリージュンにインタビュー (C)ORICON NewS inc.

 女優の山本美月が主演するAmazonオリジナルドラマ『東京アリス』(25日配信スタート、初回のみ1・2話同時配信、以降、毎週金曜日に1話ずつ更新、全12話)。『クローバー』『月と指先の間』の作者、稚野鳥子氏による同名漫画(講談社「Kissコミックス」)を原作に人生の岐路に立つアラサー同級生4人組を演じる、山本、トリンドル玲奈、朝比奈彩、高橋メアリージュンら女優陣がORICON NEWSのインタビューに応じ、“女子会”さながら本編撮影のエピソードや恋愛談義に花を咲かせた。

【場面カット】山本美月を大谷亮介がバックハグ

 同作は東京・代官山のシェアハウスで暮らしながら、恋愛や仕事、ファッションなど、それぞれの幸せを追い求めていくストーリーを描く。お買い物大好きなOL・ふうを山本、駆け出しの漫画家・羽田みずほをトリンドル、生粋のお嬢様・円城寺さゆりに朝比奈、クールな女医・桜川理央を高橋が等身大に演じている。

 山本いわく、カメラが回っていないところでの4人の関係性は「玲奈がマイペースで、メアちゃんが一番気を遣っていて、彩(朝比奈)は演技が初めてで緊張してた」という。劇中では四者四様に恋模様を繰り広げるが、撮影でも恋バナで盛り上がったそう。「え、したっけ?」とキョトンとするトリンドルに「したよ(笑)!」とツッコミを入れつつ山本は「みんな悩んでいることは一緒なんだなって思いました」としみじみ。

 演技初挑戦ながらキスシーンにも体当たりで挑んだ朝比奈は、当初は不安もあったといい「一番初めにみなさんと共演すると聞いた時、モデル出身の方だと怖いのかなと思ったんですけど…全然そんなことなくて。すごく明るく楽しく撮影させていただきました」と胸をなでおろすと、すかさず山本が「でも全員が揃ったときは緊張してたよね(笑)」と茶々を入れて盛り上げる。そんな山本に高橋は「現場のリーダーとしてしっかり引っ張ってくださいました」と感謝を込めた。

 それぞれ、役柄と自分の共通点を聞くと、トリンドルは「う~ん、髪型?私は漫画家の役で絵を描くのがうまいんですけど私は下手だし、恋愛でもみずほはすぐ駄目な人を好きになるから、共感ができないかな~。なので一番似ているのは髪型です」と真面目に回答すると一同爆笑。トリンドルのマイペースぶりに高橋は「現場でも癒やされましたよ~。つい『かわいい!』って言っちゃうんです」、朝比奈も「マイナスイオンが出てる感じ」とうなづく。山本は「もう見ているだけでかわいい!あと声もかわいいんです」と3人ともメロメロ。

 トリンドルはこの後も、山本が「ふうちゃんの恋愛はいいなと思います。東大卒のできる上司の奥薗さん(大谷亮平)に好かれてて、いいなって…」と語れば、「え、大谷さん、東大卒なの!?」と目をまん丸くして驚き、山本から「奥薗さん(の設定が東大)だよ(笑)!」と訂正されたり、“シェアハウス”に住みたいかという質問では「結婚したら一緒に住みたいっていうのはシェアハウスではない?」と確認したりと、その場を和ますのに一役買っていた。

 4人だけでなく現場では男性キャストも含めてすっかり打ち解けていたようで、なかで共演シーンが多かった大谷に山本は「私が現場でドッキリを仕掛けようとムカデの人形持ってきて、大東(駿介)さんを驚かせようと思って、大谷さんに人形を託したら、出す前に自分で『わぁ!』って言っちゃったんです。大東さんはその大谷さんの声に驚いて、人形に気づかなかったんです!」と、仲の良さが伝わるエピソードを披露。高橋は「それでいいムードになるから、ムードメーカーですね」と笑い、和気あいあいとした撮影の様子が伺えた。

 ドラマ内ではオシャレな東京のスポットやお洋服大好きなふうを始めとする女子キャストの衣装、インテリアなど内容以外でも注目ポイントが盛りだくさん。高橋は「リアルなアラサーの悩みとか少女漫画らしい表現ではなく、リアルに描いてるので、同じことで悩んでいる人もちょっとでも心が楽になってくれたらいいな」と寄り添い、山本は「それぞれのファッションや髪型、ネイルにまで個性があって見ているだけでも楽しいし、アラサー女子の悩みを描いた作品なので女の子が共感できる作品になってます」と自信を込めた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ