フェリア倶楽部コンテンツFELIA! CLUB

プレゼント・クーポンPRESENTS

芸能・エンタメ

高畑充希主演『過保護のカホコ』最終話は14.0%

日本テレビ系連続ドラマ『過保護のカホコ』に出演した(左から)高畑充希、竹内涼真 (C)ORICON NewS inc.の画像

日本テレビ系連続ドラマ『過保護のカホコ』に出演した(左から)高畑充希、竹内涼真 (C)ORICON NewS inc.

 女優の高畑充希が主演する日本テレビ系連続ドラマ『過保護のカホコ』(毎週水曜 後10:00)が13日最終回を迎え、平均視聴率が14.0%だったことが14日、わかった。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。全10話のなかで自己最高となり、有終の美を飾った。

【最終回カット】初くんロスも…高畑充希&竹内涼真が挙式

 大ヒットドラマ『家政婦のミタ』などで知られる脚本家・遊川和彦氏が手がけ、昨年ヒットしたNHK朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』でヒロインを務めた高畑の民放連ドラ初主演作。周囲に溺愛されまくり、なんでもママに頼り切りで一人で起きることさえできなかった女子大生・カホコが、唯一自分に厳しい言葉をかけてきた画家志望の青年・麦野初(竹内)と出会ったことをきっかけに成長、周囲にも影響を与えだすというストーリー。

 最終話ではカホコは、家族を失ってつらい時こそ結婚すべきだという初の言葉に後押しされ、看病疲れで体調を崩しながらも結婚に反対する母・泉(黒木瞳)と父・正高(時任三郎)に、改めて結婚を認めてもらえるよう頑張ると宣言。カホコの祖母・初代(三田佳子)を亡くして落ち込む福士(西岡德馬)を心配したカホコは並木家を訪ねるが、家の中に人の気配は無く、福士は電話で初代に会って来ると言い残す…。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ