フェリア倶楽部コンテンツFELIA! CLUB

この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENTS

おもしろ
フェリアフェリア

木の復元性ってすごい! | 木になる話

変形しても元に戻ろうとする

熊本地震から1年。震災のたびに多くの建物が倒壊しますが、傾いた家が時間とともに元に戻ったとの話も聞きます。

変形したら元の形に戻れない資材に比べ、木には元の形に戻ろうとする力があります。割り箸を弓なりに力を加えても緩めれば元に戻るように、傾いた木造住宅も元に戻ろうとします。

また無垢材の床などに重いものを落としてへこませてしまった場合も、水分を与えて放置すると元に戻ります。これが木の繊維によって起こる復元性です。数百年の歴史を刻む日本の寺も、多くがヒノキでできた木造建築。木の復元性によって姿を残しているのです。

地震や雨が多い日本には良質な木材でできた建物が最適なのかもしれません。


弓道で使う弓

  • 弦を張って弓をしならせ矢を放つ弓道も木の復元性を活用しています。弓の素材には一般的に竹が使われます。

 

プールの飛び込み競技の台

  • 飛び込み台の弾力は木の復元性。マツやヒノキで作られていたようです。

教えてくれた人

住友林業
一級建築士 貞本 幸二さん

  • 鹿児島市与次郎2-4-35 KSC鴨池ビル8F
  • TEL:099-813-4177
鹿児島市与次郎2-4-35

この記事のシリーズ Series of this article

木になる話

一級建築士が、私たちの身近にある「木」についての雑学を紹介。「建物探訪」篇では、鹿児島県内の住宅や有名な木造建築物をプロならではの視点で訪ね歩きます!
協力/住友林業

記事一覧を見る