フェリア倶楽部コンテンツFELIA! CLUB

この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENTS

旅・お出かけ
てぃーたいむてぃーたいむ

鹿児島市「県交通安全教育センター」周辺のグルメやおすすめスポット情報!

ようこそわが町へ和田販売所

寿し正

寿し正

夜のサービスB定食(2,200円)

毎朝仕入れる新鮮なネタ

カウンターや個室など約200席ある広々とした店内で、毎朝魚類市場から仕入れる新鮮な魚介を使ったすしや和食を提供しています。

採算度外視でウニやイクラなど高級食材を使うランチメニュー(1,100円~)は6種類。夜も平日限定のサービス定食(1,300円~)があります。

寿し正

  • 鹿児島市和田1-21-11
  • TEL:099-269-4201
  • 営/11:00~14:00(LO13:30)、17:00~22:00(LO21:30)
  • P/30台
  • 休/月曜(祝日の場合は翌日)

A・table(ア・ターブル)

A・table

人気のチーズ饅頭(左手前)やめんたいフランス(右手前)など

フランス仕込みのこだわりパン

親子3代パン職人で、フランスで修業した店主の技術を生かしたパンが並びます。店名はフランス語の「ご飯ですよ」にちなんでいます。

明太子クリームを挟んだめんたいフランス(108円)やブルーベリージャムを挟んだドーナツ型の紅茶デニッシュ(216円)など素材の味を生かし、毎日50種類以上のパンを作っています。

A・table
ア・ターブル

  • 鹿児島市卸本町6-12
  • TEL:099-269-4914
  • 営/9:00~19:00
  • P/3台
  • 休/日曜、祝日

ラーメン 一龍

ラーメン 一龍

チャーシュー麺(手前)とチャンポン(650円)

麺類中心に定食も豊富

軟らかく煮込まれた自家製チャーシューと錦糸卵が載ったラーメン(600円)は、中太麺に豚骨と鶏がらで取ったあっさりめのスープがよく絡み、焦がしネギの香りが食欲をそそります。厚切りチャーシューとモヤシたっぷりのチャーシュー麺は750円。定食類も充実しており、平日昼には限定の日替わり定食(600円)目当ての常連客で混雑します。

ラーメン 一龍

  • 鹿児島市南栄5-10-11
  • TEL:099-267-7943
  • 営/11:00~14:30、18:00~21:00
  • P/13台
  • 休/日曜、祝日

町の名所

伊佐智佐神社イラスト

伊佐智佐(いさちさ)神社

1197(建久8)年には鎮座していたとされており、紀伊国(現和歌山県)熊野本宮・新宮を伊佐郡藺牟田(現薩摩川内市)に建立し、神託により志布志、佐多を経て、和田の地に遷座したと伝えられています。

社殿は中世の山城である玉林城があった場所にあり、2012年に建て替えられました。谷山の総鎮守として地域住民の信仰を集めています。

サークル紹介

傘鉾会・波

傘鉾会・波(かさほこかい・なみ)

伊佐智佐神社の浜下りの神幸行列で行われていた傘鉾を復活させようと、和田塩屋町内会の有志が集まり2008年に発足。20~50代のメンバー11人が、長さ6メートルの竹に大傘を付けた傘鉾を肩やあごに乗せ、毎年10月の谷山ふるさと祭などで披露しています。中橋裕基代表補佐は「伝統の傘鉾をいつまでも残して地域の元気づくりに役立ちたい」と語ります。

紹介してくれた人

和田販売所

市山将司所長夫妻

南日本新聞和田販売所

  • 鹿児島市和田1-35-1
  • TEL:099-268-7503
配達エリアの特徴

住宅地や商業地として発展続ける

以前は田畑が広がっていた鹿児島市和田ですが、区画整理が進み、住宅地として発展。1960年代後半からは海岸埋め立てで南栄、卸本町、谷山港が整備され、卸や食品加工、飼料などの事業所や工場が集まっています。産業道路沿いには郊外型店舗が並び、買い物客らでにぎわいます。

こちらの記事もどうぞ

この記事のシリーズ Series of this article

ようこそわが町へ

このシリーズは【ようこそわが町へ】として、南日本新聞生活情報誌てぃーたいむに掲載されたものです。南日本新聞販売所を訪ね、地域に住む人にしか分からない町の魅力やおすすめスポット、グルメ情報を紹介する、南日本新聞がつなぐふるさと情報です。

記事一覧を見る