フェリア倶楽部コンテンツFELIA! CLUB

この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENTS

おもしろ
フェリアフェリア

歴史伝える仙巌園「御殿」 | 木になる話/建物探訪編

桜島大正噴火の地震に耐えた

江戸時代に建てられた島津家の御殿は、殿様の部屋に高級木の屋久スギが使われています。桜島大正噴火の地震に耐えたことから梁(はり)、柱、屋根組みが頑丈です。

気になるのは、来客用の間の竿縁天井。竿縁は床の間と平行であるのが伝統ですが、ここでは直角に。また、床の間横の違い棚は床に近い方が上棚という決まりですが、見学を待つ部屋はこれが逆になっています。明治時代の大改修や大正時代の改築で、このようになったと思われます。

くぎ隠し

格式ある和風建築で目にします。柱や吊り束(つりづか)と長押(なげし)が交差する部分に打ち留めた大くぎの頭を隠す装飾品。めずらしい陶器製の桜島大根は必見ですよ!

竿縁天井(さおぶちてんじょう)

天井の竿縁をよく見ると、細く見えるよう面取りされています。繊細な仕事がいたるところで見られ、大工の技術が相当高かったことがうかがえます。

※写真提供/仙巌園

教えてくれた人

住友林業
一級建築士 貞本 幸二さん

  • 鹿児島市与次郎2-4-35 KSC鴨池ビル8F
  • TEL:099-813-4177
鹿児島市与次郎2-4-35

こちらの記事もどうぞ

この記事のシリーズ Series of this article

木になる話

一級建築士が、私たちの身近にある「木」についての雑学を紹介。「建物探訪」篇では、鹿児島県内の住宅や有名な木造建築物をプロならではの視点で訪ね歩きます!
協力/住友林業

記事一覧を見る