フェリア倶楽部コンテンツFELIA! CLUB

この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENTS

おもしろ
フェリアフェリア

南九州の森林を育てる | 木になる話

暮らしの中に、地元で育った木材が…

住友林業といえば住宅メーカーというイメージでしょうか。

実は名の通り林業も主な事業。1691年、住友家が経営した愛媛県新居浜市の別子銅山で、煙害対策のために山に植林をしたのが始まりです。

今は日本に46,443ヘクタール(国土の900分の1)の社有林があり、九州は9,181ヘクタール。鹿児島県は伊佐市に620ヘクタール、宮崎県の日向市、都城市、日南市に合わせて7,320ヘクタールの森林を持っています。

育てる木材は主にスギとヒノキ。暮らしの中に、地元で育った木材があるかもしれません。

住友林業の事業として

国産材木の安定供給

  • 建築材木はコストの低い輸入材に頼りがちですが、日本の住宅には日本の気候で育った国産材が最適。国産材の安定供給も役割のひとつです。

 

環境共生のために

  • 「切ったら植える」というサイクルを確立するために、日向市の施設では苗木の生産も行っています。森を守り、育てる「環境共生」を通じて環境問題に全力で取り組んでいます。

INFO

『住まい博』開催!!

家づくりのビッグイベント 実感! そして納得!

  • 日程:6/10(土)、6/11(日)
  • TEL:099-813-4177(住友林業鹿児島支店)

教えてくれた人

住友林業
一級建築士 貞本 幸二さん

  • 鹿児島市与次郎2-4-35 KSC鴨池ビル8F
  • TEL:099-813-4177
鹿児島市与次郎2-4-35

この記事のシリーズ Series of this article

木になる話

一級建築士が、私たちの身近にある「木」についての雑学を紹介。「建物探訪」篇では、鹿児島県内の住宅や有名な木造建築物をプロならではの視点で訪ね歩きます!
協力/住友林業

記事一覧を見る