フェリア倶楽部コンテンツFELIA! CLUB

この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENTS

ライフスタイル
フェリアフェリア

ダンスインストラクター:教えることが好きだから、自分のことも磨いていたい…

ダンスインストラクター 上木原さん

上木原 育美さん
Dance Circle GROOV(枕崎市)

ダンスを通じて地域を盛り上げたい!

ポップな音楽にのせてリズミカルに踊る子どもたち。振り付けを覚えきれていない幼児も懸命に体を動かす。エネルギーが充満している空間。「ダンスで南薩を盛り上げたい」との思いを胸に、ダンスサークルを立ち上げ2年。枕崎、南さつま、南九州など4地区で2歳児から高校生まで約80人を指導する。

メインにしているのはフリースタイルというダンス。ヒップホップやソウルなど多ジャンルをミックスしたものだ。サークルは各地の祭りやイベントへも積極的に参加、地元で披露することで子どもたちも親もモチベーションが上がるという。

GROOVE

今年(2017年)5月の「吹上浜 砂の祭典」にも出演した

自由奔放な子ども相手の指導は時に大変なこともあるが、「子どもの吸収力はすごいです。成長が目に見えるのが楽しくて」。教える立場として、自分自身も常に磨いていなければという意識にもつながるという。生き生きと輝く瞳が印象的だ。

ダンスとの出合いは小学3年。ジャズダンスを習い始め、その楽しさに夢中になった。高校時代はダンス部で活動、そのころ地元のフィットネススタジオでエアロビックダンスエクササイズのインストラクター養成講座を受講し合格。卒業と同時に同スタジオに就職し、ダンス、フィットネスなどさまざまな指導に携わった。その中で、踊る人も見る人も笑顔にするダンスが持つ力を再認識した。

夢をかなえる力 育てたい

10年目を前に自分のできること、やるべきことをじっくり考えたいと退職。半年後に、サークルの立ち上げを決意した。「やはり自分は教えることが好き、そう思い至りました」

自らのサークルで指導するかたわら、フィットネスジムや公民館講座などでもインストラクターを務める。この夏から指宿での指導も加わるという。地元の同世代が集う地域活性を考える異業種交流会「Deっ会」にも参加。祭りやイベントなどのボランティア活動も積極的だ。南薩を駆け回る日々だが、「仕事でも何でも、基本的に断らない主義。好奇心が強いというか“やってみたがり”なんですね」と笑う。「最近タイムマネジメントの勉強をして、少しは時間の作り方がうまくなった気がします」

多忙ななか、月に数日は休日を作る。温泉巡りや、めいたちを連れて出掛けるのが何よりのリフレッシュという。「めいや通ってきてくれる子どもたちが夢を持ち、そこに向かって自らの足で進んでいける―ダンスを通じて、そんな人間力を育てられたらなと思います」。子どもたちの笑顔が明るい未来を作る、それを信念に走り続ける。

set-CloseUp2

上木原 育美(かみきはら いくみ)さん
プロフィール

小学3年でダンスを習い始め、高校3年時にエアロビックダンスインストラクターの資格を取得。2005年、高校卒業後、枕崎市のダンススタジオにインストラクターとして就職。2015年に独立、ダンスサークル「GROOVE(グルーブ)」を立ち上げる。現在、南薩を中心に4地区で教室を持ち、ダンス、フィットネスなどの指導にあたる。Facebookは「上木原 育美」で検索を。

今これに夢中です
「Run」

独立してから車移動がかなり増え、運動量が少し減ったので、体力維持のためにランニングを始めました。今年は菜の花マラソンや霧島でのトレイルランニングにも参加。完走したときの爽快感、達成感は格別です。

この記事のシリーズ Series of this article

Close up

鹿児島で働く女性たちを紹介しているFelia!の『クローズアップ』。いろいろな職場で輝いている彼女たちの姿や、これまでの足取りをご紹介します。

記事一覧を見る