フェリア倶楽部コンテンツFELIA! CLUB

この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENTS

グルメ・レシピ
てぃーたいむてぃーたいむ

パプリカの肉詰めは弱火でコトコト煮る | 多仁亜の旬を食べるレシピ

パプリカの肉詰め

パプリカの肉詰め/[料理撮影]石川 美香

パプリカの甘みとトマトソースの酸味が絶妙…

私が子供の頃、パプリカはまだ珍しい野菜でした。この肉詰めは母がたまに作ってくれた、大好きな一品です。

パプリカの甘みとトマトソースの酸味がバランス良く、ボリュームがあって美味しいです。肉だねに米を入れると、煮込む間に米が肉のうま味とパプリカの甘みを吸って膨らみ、肉だねが軟らかくなります。強火で煮ると硬くなるので、弱火でコトコト煮てください。

パプリカ

門倉多仁亜の旬を食べるレシピ

~材料~(4~6人分)
  • パプリカ(赤、黄色など):4個
  • 肉だね
  • 合いびき肉:350g
  • タマネギ:1/2個
  • 卵:1個
  • 塩・こしょう・ナツメグ:少々
  • 米:大さじ4
  • トマトソース
  • トマト水煮缶(ホールでもダイスでも):2個
  • ニンニク:1片
  • 固形スープのもと:1個
  • オレガノ:少々
  • 砂糖:1つまみ
  • 塩・こしょう:少々
  • オリーブ油:大さじ4
~作り方~
  1. パプリカ4個が入る大きさの鍋に、トマト水煮缶と皮をむいて潰したニンニク、固形スープのもと、オレガノ、砂糖、塩、こしょう、オリーブ油を入れて沸騰させて、焦げ付かないよう火加減を調節しながら弱火で煮込む。トマトが軟らかくなったらマッシャーなどで潰して、滑らかにする。
  2. パプリカは上部1/4ぐらいを切り落とし、ふたを作る。種は取り除き、立てて置いて不安定なときは底を平らに切る。
  3. ボウルに米以外の肉だねの材料を入れて練り、粘りが出たら米を入れてさらにまぜる。
  4. ③を②に詰めて、作っておいたふたを載せて、つまようじで留める。①の鍋に並べ入れて再度沸騰させ、火加減を調整しながら30~40分ゆっくり煮込む。ご飯に添えて皿に載せ、スープを静かに注ぎ入れる。

教えてくれた人

料理研究家
門倉多仁亜(かどくら たにあ)さん

門倉多仁亜

ドイツ人の母、日本人の父の間に1966年、神戸で生まれる。父親の転勤に伴い、幼少期は日本、ドイツ、アメリカで過ごす。国際基督教大学卒業後、東京のドイツ系証券会社に入社。鹿屋市出身の夫の留学先のロンドン在住時に、子供の頃から興味のあった料理と製菓を、料理学校ル・コルドン・ブルーで学ぶ。
料理教室を開くほか、テレビや雑誌などでドイツのライフスタイル全般を紹介。2009年に夫の実家がある鹿屋市に家を建て、毎月、東京から帰省して鹿屋での暮らしを楽しんでいる。

こちらの記事もどうぞ

この記事のシリーズ Series of this article

多仁亜の旬を食べる

このシリーズは【多仁亜の旬を食べる】として、南日本新聞生活情報誌てぃーたいむに掲載されたものです。東京と鹿屋市を行き来する料理研究家・門倉多仁亜さんに、鹿児島の旬を味わい尽くす料理を紹介してもらいます。

記事一覧を見る