フェリア倶楽部コンテンツFELIA! CLUB

この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENTS

くらし・住まい
フェリアフェリア

日本の建築に使われる木材のイロハを学ぶ! | 木になる話

木になる話_さまざまな木材

コストや強度が違う木材を“適材適所”

日本の建築には、さまざまな木材が使われます。天然木をはじめ、天然木をいくつか組み合わせた集成材、ベニア状の天然木を重ねた合板、木材チップを集めて圧縮したMDFやパーティクルボードなどです。それぞれコストや強度が異なり“適材適所”で活用されます。

気をつけたいのは集成材、合板、MDF、パーティクルボードの加工時に使われる接着剤。粗悪なものは体に有毒な成分が放散され、健康被害が起こるシックハウスになってしまいます。コストだけにとらわれず、耐久性や安全性をしっかり確認することが大切です。

天然木

木がもつ利点を生かせる。一本材で使う梁(はり)などサイズが大きいものは高価。梁、柱、床、テーブル、イスなど全般に利用

 

集成材

強度を管理しやすい。サイズによって天然木より高価なものも。梁や柱などの構造材、かもいや長押などの造作材に利用

 

MDF・パーティクルボード

安価だが、変形や破損をしやすい。MDFのほうが木材チップの密度が細かく丈夫。断面が粗いのはパーティクルボード。ドアや窓の開口枠、棚などに利用

 

合板

比較的安価で、多く使われる。変形が少ないが、一枚板に比べて熱伝導が高く、水分を含むと膨張。床や床の下地材などに利用

 

INFO

半年に1度!! 住友林業の決算キャンペーン開催中!!

詳しくは下記までお問い合わせください。

  • TEL:099-813-4177(住友林業鹿児島支店)

教えてくれた人

住友林業
一級建築士 貞本 幸二さん

  • 鹿児島市与次郎2-4-35 KSC鴨池ビル8F
  • TEL:099-813-4177
鹿児島市与次郎2-4-35

こちらの記事もどうぞ

この記事のシリーズ Series of this article

木になる話

一級建築士が、私たちの身近にある「木」についての雑学を紹介。「建物探訪」篇では、鹿児島県内の住宅や有名な木造建築物をプロならではの視点で訪ね歩きます!
協力/住友林業

記事一覧を見る