フェリア倶楽部コンテンツFELIA! CLUB

この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENTS

旅・お出かけ
てぃーたいむてぃーたいむ

鹿児島市「紫原中央公園」周辺のグルメやおすすめスポット情報!

ようこそわが町へ 西紫原販売所

お食事処 愛ちゃん

お食事処 愛ちゃん ミルフィーユかつ定食

ミルフィーユかつ定食

精肉店が経営。黒豚カツが人気!

業務用肉を扱う「肉のマルシン」が4年前に開店しました。黒豚ロースを12枚重ねて揚げた「黒豚ミルフィーユかつ」(定食1,242円)はさくっとして、肉のうま味が口いっぱいに広がる人気メニュー。タマネギや赤ワインなどを調合した特製のオリジナルソースでいただきます。ミルフィーユかつとメンチかつものった「愛ちゃん定食」(1,188円)もお薦め。

お食事処 愛ちゃん

  • 鹿児島市紫原4-2-18-102
  • TEL:099-250-4333
  • 営/11:00~14:00、17:30~22:00(LO21:00)
  • P/5台
  • 休/木曜

お菓子のやなぎや

お菓子のやなぎや むらさっパイなど

むらさっパイ(手前左)など

“お母さんの郷土菓子”豊富

創業約60年。2代目の柳田太さん(55)が和菓子と洋菓子、母・アヤ子さん(83)が和菓子を受け持ち、かからん団子・あくまき・ふくれなどの郷土菓子も揃えています。種子島産のサツマイモを練り込んだあんをパイ生地で包んだ「むらさっパイ」(130円)は、1998年の菓子大博覧会で技術優秀賞を受賞した人気商品です。

お菓子のやなぎや

  • 鹿児島市紫原4-32-3
  • TEL:099-257-3666
  • 営/9:00~20:00
  • P/3台
  • 休/水曜

Mr.ビーンズ

Mr.ビーンズ 店主自慢のコーヒー豆

店主自慢のコーヒー豆

香り高い自家焙煎コーヒー

非営利環境保護団体「レインフォレスト・アライアンス」の認証を受けた農園産のコーヒー豆を扱う専門店です。ストレートは9種、ブレンドはマンデリンをベースに3種の豆を用いた「休日の午後」など16種類あり、店内で飲めます(450円)。

量り売りは100グラム590円~、ドリップバッグは1袋108円です。

Mr.ビーンズ

  • 鹿児島市紫原5-20-21
  • TEL:099-259-2173
  • 営/9:00~19:00
  • P/4台
  • 休/火曜

町の名所

紫原中央公園イラスト

紫原中央公園

紫原団地では最大の公園。野球やサッカー、グラウンドゴルフなど幅広く利用され、毎年8月には地域最大のイベントの夏祭りが開かれます。照明を備え、夜間の利用も可能。

グラウンドの隣にはテニスコートや、ブランコ、すべり台などを備えた広場があり、地区民の憩いの場として親しまれています。

サークル紹介

「小春会」グラウンドゴルフ同好会

紫原高齢者クラブ「小春会」グラウンドゴルフ同好会

昨年5月に発足し、現在19人が週3回、約2時間の練習に励んでいます。「始まったばかりで大会には出ていませんが、健康づくりを兼ねてじっくり力をつけたい」と代表の森山一夫さん(76)。

休憩時間には持ち寄ったお茶菓子を囲んで歓談し、ホールイン・ワンを出すと20円積み立てて食事会に充てるなど、プレーを楽しみながら親睦を深めています。

紹介してくれた人

南日本新聞西紫原販売所

日髙所長(中央)一家

南日本新聞西紫原販売所

  • 鹿児島市紫原5–10–3
  • TEL:099-259-2333
配達エリアの特徴

暮らしやすさで人気の大型団地

1956年から60年にかけ、鹿児島市内初の大型団地として誕生した紫原団地。中央部の紫原4、5丁目と西紫原町は、戸建てに交じってマンションも建ち並び、幹線道路沿いで多くの商店や飲食店が営業しています。市中心部に近い立地の良さ、暮らしやすさから若い世帯も増えています。

こちらの記事もどうぞ

この記事のシリーズ Series of this article

ようこそわが町へ

このシリーズは【ようこそわが町へ】として、南日本新聞生活情報誌てぃーたいむに掲載されたものです。南日本新聞販売所を訪ね、地域に住む人にしか分からない町の魅力やおすすめスポット、グルメ情報を紹介する、南日本新聞がつなぐふるさと情報です。

記事一覧を見る