フェリア倶楽部コンテンツFELIA! CLUB

この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENTS

おもしろ
フェリアフェリア

本当においしいパンとは… | パン屋さんのひとりごと

素材は味覚に正直です

パンは、小麦粉・水・バター・砂糖・卵・食塩・パン酵母で作られていることはよく知られていますが、このわずか7~8種類の材料で多種多様なパンの種類と味を作り出しています。

パンのうま味は、材料の中でも最も使用量が多い小麦粉やバターにあります。上質の小麦粉で作られたパンは食べるときに喉ごしが良く、飲み物がなくても食べることができますが、喉ごしが悪く、口の中で団子状になるようなパンは、バターをマーガリンやショートニング等に置き換えるなど、安価な材料を使用したパンかもしれません。

また、人によっては冷凍生地を使用したパンを食べたときに胸やけ等の症状を感じることがあります。これは冷凍生地に含まれる添加物の影響によるものともいわれています。

上質の材料を使用し、消化の良いパンが本当においしいパンといえるでしょう。

pan_hitorigotoロゴ

教えてくれた人

食パン工房 カズ

  • 鹿児島市中山2-1-27
  • TEL:099-260-8083
  • 営/10:00~売り切れ次第終了
  • 休/水曜
鹿児島県鹿児島市中山2-1-27

こちらの記事もどうぞ

この記事のシリーズ Series of this article

パン屋さんのひとりごと

このシリーズは鹿児島市中山の食パン工房カズさんが、パンにまつわる小話や思わずパンが食べたくなるようなお話をお届けします。 前シリーズ「パンにまつわる耳より話」はこちらから。

記事一覧を見る