フェリア倶楽部コンテンツFELIA! CLUB

この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENTS

グルメ・レシピ
てぃーたいむてぃーたいむ

素材の相性抜群!新ゴボウと牛すね肉のシチュー | 多仁亜の旬を食べるレシピ

新ゴボウと牛すね肉のシチュー

新ゴボウと牛すね肉のシチュー/[料理撮影]石川 美香

食べ応えのあるビーフシチューを作ろう…

香りの良い新ゴボウと牛すね肉を煮込んだビーフシチューは、食べ応えがあっておもてなしにもぴったり。パンやごはんにも良く合います。

肉に赤ワインとスパイス、ハーブを使って香りを付けてから煮込みます。

トマトペーストを使いますが、みそで代用しても風味豊かに仕上がります。

門倉多仁亜の旬を食べるレシピ

~材料~(4~6人分)
  • 新ゴボウ:2本
  • タマネギ:1個
  • セロリ:1本
  • 月桂樹の葉:2枚
  • タイム:2枝
  • サラダ油:大さじ2
  • 砂糖:大さじ1
  • コンソメキューブ:1個
  • 好みで片栗粉:適量
  • 牛すね肉:500g
  • ニンジン:2本
  • パセリ:1枝
  • 粒こしょう:4粒
  • 赤ワイン:300ml
  • 麦みそ:大さじ2
  • 小麦粉:大さじ1
  • 塩・こしょう
~作り方~
  1. タマネギ、ニンジン(1本)、セロリは粗みじん切りにする。肉は食べやすい大きさに切る。
  2. ①と月桂樹の葉、粒こしょう、パセリの茎(葉はみじん切りにして残しておく)、タイム、赤ワインを密閉袋に入れ、空気を抜いて時々裏返しながら冷蔵庫で一晩寝かす。
  3. 料理の1時間前に②を冷蔵庫から取り出しザルを載せたボウルに開け、肉、野菜、ワインに分ける。肉と野菜はペーパータオルで水気を拭く。ボウルに残ったワインを鍋に入れてゆっくり沸騰させ、ボウルにキッチンペーパーを敷いたザルを載せてワインをこして、あくを取る。
  4. 圧力鍋にサラダ油を熱し、塩・こしょうをして小麦粉をまぶした肉に焼き目を付け、いったんバットに取り上げる。
  5. ③の野菜を圧力鍋に入れて熱し、しんなりしてきたらみそ、砂糖を加えて香りが出るまで加熱する。
  6. ⑤に③のワインを注ぎ、鍋底を洗う。肉を戻し入れ、肉がひたひたつかるぐらいの水で溶いたコンソメスープを加え、超高圧で13分煮込んで急冷する。
  7. ⑥の肉が崩れないように、バットなどに取り上げてからザルでこす。野菜はとろみになるのでできるだけ潰してこし、ザルに残った分は捨てる。こした汁を鍋に戻し、皮をむいて食べやすい大きさに切ったゴボウと残りのニンジン、肉を入れて超高圧で2分煮込みそのまま冷ます。
  8. 塩・こしょうで味を調え、好みで水溶き片栗粉でとろみをつける。皿に盛り付け、②のパセリの葉を散らす。

教えてくれた人

料理研究家
門倉多仁亜(かどくら たにあ)さん

門倉多仁亜

ドイツ人の母、日本人の父の間に1966年、神戸で生まれる。父親の転勤に伴い、幼少期は日本、ドイツ、アメリカで過ごす。国際基督教大学卒業後、東京のドイツ系証券会社に入社。鹿屋市出身の夫の留学先のロンドン在住時に、子供の頃から興味のあった料理と製菓を、料理学校ル・コルドン・ブルーで学ぶ。
料理教室を開くほか、テレビや雑誌などでドイツのライフスタイル全般を紹介。2009年に夫の実家がある鹿屋市に家を建て、毎月、東京から帰省して鹿屋での暮らしを楽しんでいる。

こちらの記事もどうぞ

この記事のシリーズ Series of this article

多仁亜の旬を食べる

このシリーズは【多仁亜の旬を食べる】として、南日本新聞生活情報誌てぃーたいむに掲載されたものです。東京と鹿屋市を行き来する料理研究家・門倉多仁亜さんに、鹿児島の旬を味わい尽くす料理を紹介してもらいます。

記事一覧を見る