サーバーメンテナンスのお知らせ
  • 8/21(月)AM2:00~AM4:00に、サーバーメンテナンスを実施するため、当サービスをご利用いただけない場合がございます。ご不便をおかけしますが、ご理解いただきますようお願いします。

フェリア倶楽部コンテンツFELIA! CLUB

この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENTS

くらし・住まい
フェリアフェリア

交通事故で示談の提案。サイン前に注意する点は? | 弁護士・牧瀬に学ぶ『法律Q&A』

交通事故イメージ
Q

交通事故に遭い、保険会社から示談の提案がありました。示談に際して気をつけるべきことはありますか。

A

保険会社の提案は一概に不利な内容とは限りませんが、専門家に確認してもらうのが安心です。

交通事故でケガをしてしまった場合、加害者が任意保険に入っていれば、治療終了後に示談交渉をしなければなりません。たいていは、保険会社から損害額の計算書が送られてきて、特に文句がなければ示談書にサインをして解決となります。

しかし、治療費はともかく、慰謝料休業損害となると、どのくらいの金額が妥当なのかを判断するのは難しいところです。たとえ相場より少ない金額で示談したとしても、合意がある以上、後から追加請求することは、原則としてできません。ですから、もし裁判所に訴えた場合にどのくらいの金額になるかを弁護士に相談しておくのが安心です。

例えば慰謝料などは、保険会社が算定する金額よりも、裁判所が認める金額が大きくなるのが通常です。とはいえ、裁判となると判決までに時間がかかる可能性もあります。また、自分の過失や必要性の疑わしい整骨院への長期通院などがある場合などには、示談のほうが有利になる可能性もあります。

インターネット上の情報でもある程度のことは調べられますが、損害額はさまざまな事情により金額が上下しますし、解決までに要する時間も争点により変動します。したがって、示談の提案に応じるか否かは、必ず弁護士に相談することをお勧めします。

法律Q&A

教えてくれた人

弁護士法人あさひ法律事務所 鹿児島事務所 牧瀬 祥一郎 先生

弁護士法人あさひ法律事務所
鹿児島事務所

牧瀬 祥一郎 先生

  • 鹿児島市山之口町12-14
     太陽生命鹿児島ビル4F
  • TEL:099-216-5010
鹿児島県鹿児島市山之口町12-14

どうぞご相談ください。過去の事例や費用についてご覧いただけます。
【URL】http://asahi-lawoffice.net/

この記事のシリーズ Series of this article

弁護士・牧瀬に学ぶ 法律Q&A

暮らしの中での様々な悩み事・・。「これって法律上はどうなの?」といった悩み事を、Q&Aの形で、弁護士の先生が分かりやすくお答えします。
これまでのシリーズ【私を守る 法律のはなし】はこちらからどうぞ!

記事一覧を見る