フェリア倶楽部コンテンツFELIA! CLUB

プレゼント・クーポンPRESENTS

芸能・エンタメ

『FNSうたの夏まつり』でアニソンメドレー キンプリ、ももクロ、LiSAらが名曲歌う

フジテレビ系音楽特番『FNSうたの夏まつり』のアニソンメドレーに参加するKing & Princeの画像

フジテレビ系音楽特番『FNSうたの夏まつり』のアニソンメドレーに参加するKing & Prince

 フジテレビ系音楽特番『FNSうたの夏まつり』が「夏の名曲」をテーマに、7月25日午後7時から4時間半にわたって生放送。第1弾発表としてKing & Prince、小池徹平、Takamiy(高見沢俊彦)、氷川きよし、ももいろクローバーZ、LiSAといった豪華アーティストたちによる“アニソンメドレー”企画が行われることがわかった。

【写真】番組MCは渡部建、森高千里、加藤綾子アナ

 キンプリは「CHA-LA HEAD-CHA-LA」(『ドラゴンボールZ』)、ももクロは「おどるポンポコリン」(『ちびまる子ちゃん』)、LiSAは「ムーンライト伝説」(『美少女戦士セーラームーン』)をそれぞれTakamiyとコラボ。小池が話題のステージパフォーマンス“ワンピース音宴”と共に「ウィーアー!」(『ONE PIECE』)を歌い、氷川は新シリーズが放送中の『ゲゲゲの鬼太郎』のオープニング主題歌「ゲゲゲの鬼太郎」を披露する。

 司会は森高千里、渡部建、加藤綾子アナウンサーの3人が担当。森高は自身の“思い出の夏うた”にピンク・レディーの「渚のシンドバッド」をチョイスし、「夏がくると、この曲を聴きたくなるし、歌いたくなります。以前、コンサートでも好きが高じてカバーして歌いました!!」と回顧。一方の渡部は、森山直太朗の「夏の終わり」の思い出について「(僕らの事務所のライブの)エンディングで舞台に上がってもらい、夏の終わりの時期だったので、無理やりこの歌をアカペラで歌ってもらいました。鳥肌が立ちました」となつかしんでいた。

 番組には土屋太鳳、吉岡里帆も出演し、“思い出の夏うた”企画として、それぞれが胸に秘める夏の思い出の楽曲を紹介。同局の音楽番組が誇る秘蔵VTRとともに人気俳優たちの夏を彩る名曲“夏うた”の数々を放送する。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ