フェリア倶楽部コンテンツFELIA! CLUB

プレゼント・クーポンPRESENTS

映画・アニメ

井上咲楽・政治への関心のきっかけは「額賀派の分裂」 池上彰氏も絶賛

政治に関心を持ったきっかけを語った井上咲楽(C)ORICON NewS inc.の画像

政治に関心を持ったきっかけを語った井上咲楽(C)ORICON NewS inc.

 タレント・井上咲楽(19)とジャーナリストの池上彰氏(68)が23日、東京・月島ブロードメディアスタジオ試写室で行われた映画『華氏 119』(11月2日公開)のミレニアル世代試写会に登壇した。井上が政治に興味を持った理由を「額賀派の分裂」と話すと池上氏は「しびれました」と絶賛した。

【写真】井上咲楽、池上彰が出席した試写会の様子

 同映画は全世界2億ドルの大ヒット作『華氏 911』などを代表作に持つドキュメンタリー作家・マイケル・ムーア監督の最新作。今回はアメリカのドナルド・トランプ大統領に焦点を当てている。トランプ大統領の当選を的中させて”暗黒時代”を抜け出す光を導き出している。

 政治に興味をもった理由を聞かれた井上は「額賀派の分裂です。響きが面白かったです」と即答。最初は「何だ。政治の話か~」となったが、調べている中で「政治家のパワーゲームが起こっていたのに惹かれました」と語ると、池上氏は「しびれましたね。こういう若者がいれば日本もまだまだ大丈夫でしょう」と太鼓判を押した。

 映画ではトランプ大統領に焦点が当てられることから2周間後に行われる中間選挙の話題に。井上が「アメリカの選挙制度が変わることはないんですか」と質問すると、池上氏は「良い質問ですね~」とおなじみのフレーズで称えた。

 続けて「トランプさんが大統領になる前は『総得票数が多い方が必ずしもなるわけではないのはおかしい』と話していたが、当選すると『今の選挙制度(選挙人を選んで投票する)は素晴らしい』という話しだ。今の制度で当選した議員が選挙制度を変えるのは考えられない」と解説すると、井上は「民意を完全に反映させられないんですね」と悔しがる様子だった。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ