フェリア倶楽部コンテンツFELIA! CLUB

プレゼント・クーポンPRESENTS

芸能・エンタメ

博多大吉、M-1“暴言騒動”に激怒 とろサ久保田&スーマラ武智に「最大級の雷を落とす」

博多大吉 (C)ORICON NewS inc.の画像

博多大吉 (C)ORICON NewS inc.

 お笑いコンビ博多華丸・大吉の博多大吉が、5日放送のTBSラジオ『たまむすび』(月~金 後1:00)に出演。とろサーモンの久保田かずのぶ、スーパーマラドーナの武智による審査員・上沼恵美子への“暴言騒動”に激怒した。

【写真】とろサ久保田、女の子の体を執拗に触る客を…

 事の発端となったのは、今回のM-1で7位だった武智が放送後に配信したインスタライブでの動画。昨年のM-1王者の久保田が泥酔した状態で登場し、名指しはしないものの審査員の上沼に対して「自分目線の、自分の感情だけで審査せんといてください」などと厳しく批判。撮影していた武智も相づちを打っていた(動画はすでに削除済み)。

 16年、17年大会で審査員を務めた大吉は「今年、僕は審査員やってないので、本当はしゃべるつもりはなかったんですけど…」と切り出しつつ「またバカ後輩たちがやらかした。ネットを見たらそのニュースしかないんですよ」と呆れ口調。怒りをにじませながら「僕史上、最大級の雷を落としますよ、あの2人には。挽(ひき)肉どころじゃない。こねて炒めて火を通して…。お任せ下さい。コテンパンにしてやります」と宣言した。

 久保田は、騒動後の4日にツイッターを更新し、「この度は私の不徳の致すところで、上沼恵美子さまに失礼極まりない言動をしてしまい申し訳ございませんでした。今後は二度とこのような事がないよう深く反省しお詫び申し上げます」、武智も「昨日の僕の醜態について、上沼恵美子さん、 M-1に携わる方々、すべての方々にお詫びしたいです。申し訳ございませんでした」と深く謝罪している。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ