フェリア倶楽部コンテンツFELIA! CLUB

プレゼント・クーポンPRESENTS

その他

『マルちゃん焼そば』はなぜ3人前? ライフスタイルが変わっても“3人前”を貫く理由

東洋水産のロングセラー商品『マルちゃん焼そば』はなぜ3人前が定番なのかの画像

東洋水産のロングセラー商品『マルちゃん焼そば』はなぜ3人前が定番なのか

 東洋水産のロングセラー商品である『マルちゃん焼そば』。定番のソース以外にも、塩、お好みソース、たらこなど幅広いラインナップで展開している人気ブランドだ。チルド麺と粉末ソースのセットは、1975年の発売当初から3人前での販売。時代や生活スタイルが変わっても、“3人前”で販売し続けているのはなぜなのか。同商品の味へのこだわりを同社・CSR広報部に聞いた。

【写真】塩、とんこつ、あの味も…こんなにあった“マルちゃん焼きそば”、人気レシピも

■3人前の理由はフライパンにあり? 1回で食べきれる量とお買い得感

――発売当初から変わらず「3人前」にしている理由をお聞かせいただけますか?

発売当時は家族そろっての食事が一般的で、1975年の1世帯当たりの平均人数が3.27人であったことから、1回で食べきるのにちょうどよい量でした。また、3人前は経済的でお買い得感があったことや、一般家庭のフライパンで一度に調理しやすい分量が3食分までだったことなども理由として挙げられます。

――1人前の麺の量は、どのくらいなのでしょうか?

「ソース味」に関しては、1食あたりの麺重量は150gで、発売以来変更されておりません。その後発売した他フレーバーに関しては、麺とソースの相性を考えてそれぞれ分量を設定させていただいています。

――もし「3人前」を使いきれずに、「1人前」が余ってしまった場合の上手な活用方法はありますか?

モダン焼きや、そばめし、焼そばパンなどの材料として使用したり、ソースに関しては野菜炒め、チャーハン、から揚げの下味などの調味料として活用したりしているという声を、お客様からいただいております。

――今後「3人前」が「2人前」に減ったり、「4人前」に増えたりする可能性はありますか?

核家族化がすすみ、平均世帯人数は減少傾向にありますが、現在もお客様から「3人前」をご支持いただいていることから、現時点では変更する予定はございません。ただし、今後の商品展開に関しては、社会状況やお客様の声をお聞きしながら検討を重ねてまいります。

■発売以来、味の変更はなし 長年愛される“こだわり”の味

――『マルちゃん焼そば』は御社の中でもロングセラー商品かと思います。開発のきっかけはどのようなものだったのでしょうか?

『マルちゃん焼そば』の前身として、1960年代から業務用の焼そばソースを販売していました。その後、1970年代前半に焼そばの人気が高まってきたことから、ご家庭でも手軽に楽しめるように、ソースと麺を組み合わせた市販用商品として『マルちゃん焼そば』が開発されました。

――発売から44年経ちますが、材料や味など最もこだわっている部分はどこになりますか?

食べやすくしなやかな食感の麺と、香り立ちの良いスパイスがほどよく利いたソースのバランスです。麺はしなやかな細麺で、肉や野菜などの具材と一緒にフライパンで炒めやすく、火の通りもよいので焼きムラなく作ることができます。粉末ソースは10数種類のスパイスや調味料を独自の配合で使用しており、しっかり味をつけることができます。また、粉末なので野菜や肉から出る水分を吸い取り、旨味を逃がしません。

――2014年に1度リニューアルを行なわれていますが、どのような改良でしたか?

2014年1月に、麺のほぐれやすさを向上させることで、調理時の麺の切れや粉末ソースとの絡み、食べやすさなどを改善しました。

■11年ぶりに値上げを発表 変わらない味で、家族をつなぎたい

――『マルちゃん焼そば』を含めたチルド麺類が、11年ぶりに値上げ(4~9%)されることが発表されました。その理由をお聞かせいただけますか?

弊社では、生産の合理化、資材調達や物流の効率化に取り組み、コストダウンに向けて努力を重ねてきました。しかし、輸入小麦の政府売り渡し価格が昨年4月から4期連続の上昇となり、麺類の主要原料である小麦粉が値上がりしました。また、物流費や人手不足による人件費の高騰、一部原材料及び包材資材価格の上昇により製造コストが上がったため、今回の価格改定に至りました。

――消費者からの反応はいかがですか?

2019年1月時点でお客様から具体的な内容に関するお問い合わせはございませんが、ご理解いただけるように引き続き努力してまいります。

――今後、『マルちゃん焼そば』のシリーズが増える可能性はありますか?

現在、3人前のラインナップは「ソース」「塩」「お好みソース」「たらこ」「芳醇中華ソース」と季節限定フレーバーの6商品です。この他に、2人前タイプ「極み太麺」シリーズ3品と、「ソース」味のみ「1人前」と「減塩1人前」もございます。限定フレーバーは、今後も季節ごとに旬の野菜に合った味わいを発売していく予定です。

――多くの食卓で「家庭の味」として親しまれている『マルちゃん焼そば』。最後に、消費者にとって『マルちゃん焼そば』がどのような存在であってほしいですか。

『マルちゃん焼そば』は、商品パッケージに“ずっとかわらない、この味を”というメッセージを付しております。これは、発売より44年間、基本的な味を変えていないことを、お客様にお伝えしたい意図がございます。お客様が年齢を重ねていっても、『マルちゃん焼そば』の味は、食卓の“いつもの焼そば”として変わらずにお客様に寄り添いたい。ずっと変わらない味であり続けることで、親御さんからお子様、お子様からお孫さんへと世代をつなぐ、家庭の味の橋渡しのような存在になることができればと考えております。

(文/辻内史佳)

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ