フェリア倶楽部コンテンツFELIA! CLUB

プレゼント・クーポンPRESENTS

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

安達祐実、『家政夫のミタゾノ』第5話ゲスト 松岡昌宏は「迫力満点」

金曜ナイトドラマ『家政夫のミタゾノ』第5話(5月17日放送)メインゲストは安達祐実(C)テレビ朝日の画像

金曜ナイトドラマ『家政夫のミタゾノ』第5話(5月17日放送)メインゲストは安達祐実(C)テレビ朝日

 女優の安達祐実が、17日放送のテレビ朝日系金曜ナイトドラマ『家政夫のミタゾノ』(毎週金曜 後11:15~深0:15※一部地域で放送時間が異なる)第5話にメインゲストとして出演する。

【写真】家政婦の萌(川栄李奈)が覗いているのは!?

 松岡昌宏が演じる女装した家政夫・三田園薫が、派遣された家庭・家族の内情を覗き見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としていく痛快“覗き見”ヒューマンドラマ。第5話で安達が演じるのは、筧真子という女性。ミタゾノたちが派遣された梅小路家にやってきて、家主である悠一(長谷川朝晴)に「この家を2億円で売って欲しい」と申し出る不動産会社の女性だ。

 真子の顔を見た悠一はびっくり。なんと真子は、亡くなった妻の真奈美に瓜二つだったのだ。娘の葉月は真子を見て「ママが帰ってきた」と大喜び。すっかり懐いてしまうのだが、実は真子はある“意図”を持って梅小路家に近づいていた…。

 そんな怪しげな真子と、亡くなった女性・真奈美という2人の女性を演じる安達。撮影現場では松岡ともいろいろな話をしたそうで、初めて目の当たりにしたミタゾノについては「迫力満点でした!」と感想を明かした。

 松岡についても「お芝居でも、目の奥にいろいろな感情や企みなどを表現されていました。これまでのシーズンで築きあげられてきたミタゾノ像を目の当たりにする事ができ、うれしかったです」と安達。「私が演じる怪しげな女性の真実がどこにあるのかをぜひ楽しみながらご覧ください!」と見どころを語っていた。

 第5話は、ドッペルゲンガーとタピオカミルクティーがキーワード。安達が演じる2人の女性は、いったいどんな関係なのか? そして彼女がミタゾノたちに及ぼす多大な影響とは!?

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ