フェリア倶楽部コンテンツFELIA! CLUB

プレゼント・クーポンPRESENTS

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

横山だいすけ×小林よしひさ×上原りさ 『おかあさんといっしょ』卒業後初3ショット共演

上原りさ&横山だいすけ&小林よしひさ 『おかあさんといっしょ』卒業後初3ショット共演(C)TBSラジオの画像

上原りさ&横山だいすけ&小林よしひさ 『おかあさんといっしょ』卒業後初3ショット共演(C)TBSラジオ

 NHK・Eテレ『おかあさんといっしょ』の「歌のお兄さん」を歴代最長の9年間務めた横山だいすけが25日、東京・二子玉川でTBSラジオ『横山だいすけ はじめのいっぽ』(毎週日曜 後5:30)の公開収録を行った。体操のお兄さんを歴代最長の14年間務めた小林よしひさ、パント!のお姉さんを7年間務めた上原りさも駆けつけ、番組卒業後は初となる“3ショット共演”を果たした。

【写真】大勢のファンと記念撮影!公開収録の模様

 まずは横山の呼びかけで小林が登場。番組卒業後に「こうやってステージで共演するのは初めて。不思議な感じ」といい、駆けつけた親子連れのリクエストに応え、体操ソング「ブンバ・ボーン!」を披露。小林が振り付け、横山が歌唱を担当する“特別バージョン”に会場が大きく沸くと、2人は「意外とイケるね!」(小林)、「緊張した~」(横山)とはにかんだ。

 番組で9年間にわたって共演し「兄弟のような感じ」と顔を見合わせた2人。お互いの活躍ぶりが話題にあがると、小林は「頑張れって思ったし、うれしかった」と笑顔を浮かべ、横山も「僕も気になっちゃう。自分も最初は上手く話せないこともあったし『よし兄、頑張れ!』って気持ちになってます」。その後も共演当時やプライベートの交流秘話などに花を咲かせた。

 収録後半には、上原が「楽しそうだから、来ちゃった!」とサプライズ登場で会場を沸かせる。3人で番組でおなじみの体操や楽曲を披露すると、小林は「本当に楽しかった。振り向くといつものように(横山が)汗をかいている。落ち着きましたね」と充実感たっぷりの表情を浮かべていた。

 この日の模様は、6月2日に同番組で放送される。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ