フェリア倶楽部コンテンツFELIA! CLUB

プレゼント・クーポンPRESENTS

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

斉藤優里、卒業前に写真集で願い全て叶う 西野七瀬らスイカメンバーと座談会

今の心境を語った斉藤優里 (C)ORICON NewS inc.の画像

今の心境を語った斉藤優里 (C)ORICON NewS inc.

 6月いっぱいで乃木坂46を卒業する斉藤優里(25)が18日、東京・福家書店新宿サブナード店で写真集『7秒のしあわせ』(サイゾー)の発売記念お渡し会を実施。囲み取材に応じ、今の心境を語った。

【写真】仲よしなスイカメンバーショット公開!嬉しそうな表情を浮かべる斉藤優里

 グループ内で多くのメンバーに愛されてきたムードメーカー・斉藤が、インドネシア・バリ島を舞台に入浴シーンやランジェリー姿にも挑戦。自身がチョイスしたインスタ映えスポットでは無邪気な様子を見せ、南国の大自然の中で降り注ぐ日の光を浴びてほほ笑み、動物とも共演。カフェやショッピング、ビーチやプールなど、初写真集にして撮影シーンも盛りだくさん。さらに、開放感のあるヴィラでは大胆なセクシーショットに挑み、ベッドでの撮影ではオトナの女の表情を初披露する。

 「バリ島にずっと行きたかった。撮影スポットも自分で行きたい場所を提案した。行きたい場所は全て行きました」と笑顔で充実の撮影を振り返った。撮影中のハプニングについて「1番、初めの撮影で水着のシーンでプールに入ったんですけど、思ったより深くて入った瞬間に全部、浸かっちゃって…。最初から髪の毛セットするのとか大変でした」と照れていた。メンバーからの反応も上々。「伊藤かりんちゃんには『ちょうどいい』と言われました。笑顔の写真と大人っぽい写真のバランスがいいらしく」と明かした。

 セクシーなカットについては「撮る前は恥ずかしいのかなと思ったんですけど、いざ撮るとなるとキレイに残さないと思った。スイッチの切り替えができました」と堂々と撮影できたそう。撮影は乃木坂46のバースデーライブの直後。「けっこうライブの激しさで調整できました」と体の仕上がりは満足しているそう。

 写真集の中には仲のいいスイカメンバー(斉藤、西野七瀬、川後陽菜、伊藤かりん、伊藤純奈)の座談会もあり「仲良しのメンバー5人でやらせてもらった。私的にも、すごく思い出になる作品になりました」と感激した。

 タイトルの意味については「口にしたときに1番、かわいい。あと、デビューしてから7年。7にゆかりがあるのでタイトルにふさわしいと思いました」と説明。秋元康氏は「7秒、じっと見てあげてください。何だか幸せな気持ちになるでしょう?」と帯にコメントを寄せている。斉藤は「ホントは7秒以上、じっくり見てほしい…。1ページに3分ぐらいかけてほしいです」と呼びかけた。

 今年3月に乃木坂46からの卒業を発表。4thアルバム『今が思い出になるまで』の活動をもち、6月いっぱいで同グループを巣立つ。「アイドルというお仕事が楽しいと思えた。乃木坂というグループに入れてよかった。メンバーもスタッフさんも大好きです」と感慨深げ。今後はファッション関係の仕事にも挑戦したいといい「お洋服も作られている。女性的にもかわいらしい。小嶋陽菜さんを尊敬しています」と憧れの存在を挙げていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ