フェリア倶楽部コンテンツFELIA! CLUB

プレゼント・クーポンPRESENTS

フェリアSNSSOCIAL

音楽

山下達郎、気管支炎で『サンソン』代役立てる「27年の番組史上初めて」

山下達郎の画像

山下達郎

 シンガー・ソングライターの山下達郎(66)が14日、自身がパーソナリティーを務めるレギュラーラジオ番組TOKYO FM『山下達郎のサンデー・ソングブック』(毎週日曜 後2:00)の冒頭、気管支炎のためライブを中止したことを謝罪し、番組27年の歴史で初めてピンチヒッターを立てることを説明した。

【貴重写真】山下達郎夫妻×桑田佳祐夫妻が4人でレコーディング

 山下は今月11日、気管支炎と診断されたため、12・13日に予定していた東京・中野サンプラザ2daysの中止を公式サイトで発表したばかり。この日の放送も事前に収録されたもので、山下は「6月よりツアーがスタートいたしまして、おかげさまで声のコンディションはこの10年で最良でありまして、今年はいいライブができるなと思ったのも束の間、好事魔多し、風邪をひいてしまいました。医者に行ったところ、気管支炎と診断されました」と自ら経緯を説明した。

 続けて「長いライブ生活の中でこのようなことは今までにも何度かありまして、たいていの場合は何本かライブをやっている間に次第に回復してくるものだったのですが、今回は悪いことに症状がなかなか改善しません。私は現役生活44年の間、風邪でライブを中止したことは今まで一度もありませんでした。しかしながら、さすがに最近は回復力が落ちてきているようです」とも明かした。

 ベストコンディションに回復するために「一定程度の休養が必要と判断しまして、大変心苦しく、残念ではありましたけれども、12、13日の中野サンプラザ公演を中止させていただくことになってしまいました。楽しみにしておられた皆さん、誠に申し訳ございません。心よりお詫び申し上げます」と2公演中止を陳謝した。

 番組についても「声の調子が万全でありませんので、『サンデー・ソングブック』27年の番組史上初めて、ピンチヒッターをお願いすることにしました」とし、山下の長年の友人で、所属レコード会社ワーナーミュージック・ジャパンの宮治淳一プロデューサーをピンチヒッターに立てることを伝え、その後は宮治氏が代わりを務めた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ