プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

京本政樹&泉谷しげる、四日市プロモ映像で11年ぶり共演

三重県四日市市PR映像「必見!四日市」第2弾記者会見の様子の画像

三重県四日市市PR映像「必見!四日市」第2弾記者会見の様子

 俳優の京本政樹と歌手の泉谷しげるが16日、東京・中央区にある三重のアンテナショップ「三重テラス」で行われた、四日市市のシティプロモーション映像の第2弾『続・必見 四日市』完成発表記者会見に出席。11年ぶりに共演した京本は「今回は泉谷さんが参加して下さったことが何より大きかった」と泉谷に感謝した。

【写真】ポースをキメる京本政樹&泉谷しげる

 同映像は京本の代表作である「必殺」シリーズをモチーフにした時代劇風の作品。四日市市の市政123周年記念として企画され、前作は3分ほどの短編だったが、今作では泉谷が新たに加わり10分を超えるドラマ仕立ての作品にパワーアップ。市の豊かな自然や人気のパワースポット、地場産品も盛り込んだぜいたくな内容になった。

 京本と泉谷は、2009年に放送された『あんみつ姫2』以来の共演。ここ数年、地方活性化の音楽活動に力を入れている泉谷は、今回もその一環で出演したが「完成した作品を観たら(京本の)プロモーションビデオじゃねーか!」と毒づき、会場を笑わせた。

 四日市市の森智広市長も「第1弾はコンビナート中心だったが、今回は自然をアピールした作品になっている」と話し、「四日市市の奥深さを知って頂き、多くの方に足を運んで頂ければ」とアピールした。

 この日の会見にはそのほか、出演者の風谷南友、山広美保子、山中敦史、同市マスコットキャラクター・こにゅうどうくんも登壇。動画は17日からYouTube公式チャンネルに本編映像および30秒ダイジェストが公開。2月からは渋谷の街頭ビジョンなどでも順次上映される。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ