プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『美食探偵』明智&林檎のルーツに迫る 特別編で地上波未放送ストーリー

「林檎の少女時代編」に出演する志田未来(C)日本テレビの画像

「林檎の少女時代編」に出演する志田未来(C)日本テレビ

 俳優の中村倫也が主演する日本テレビ系連続ドラマ『美食探偵 明智五郎』(毎週日曜 後10:30)。きょう24日の特別編第一弾では、1話&第2話に登場した志田未来演じる“林檎”こと古川茜の地上波未放送オリジナルストーリーや、中村演じる明智の少年時代編が放送される。

【場面カット】「明智の少年時代編」も放送される

 同ドラマは『海月姫』や『東京タラレバ娘』で知られる東村アキコ氏による初サスペンス漫画を実写化。変わり者の私立探偵・明智五郎が類まれなグルメの知識を使って、殺人事件を解決しながら、殺人鬼“マグダラのマリア”へと変貌した主婦と対決する“恋する毒殺サスペンス”。

 志田は、連続殺人鬼・自称マグダラのマリア(小池栄子)に初めて殺人を依頼するりんご農家の娘・古川茜(通称・林檎)役を演じた。第2話のクライマックスでは、真相を迫る明智に「茜」という自分の名前がついたリンゴで作ったジャムで恋人が命を落とした運命の悪戯に「愛していたから殺した」と語る茜。しかし“傷がついても美味しさの変わらないリンゴ”に、孫と同じ名前をつけた祖父(渡辺哲)の思いを知り、涙を流した。

 特別編第1弾では、本編では描かれなかった、林檎が“カップル毒殺事件”を引き起こしたもう一つの理由であるかなしい生い立ちに迫る地上波未放送のオリジナルストーリ―「林檎の少女時代編」を放送する。

 恋人の浮気相手を殺す決意をした茜。純朴だった彼女がなぜそんなにも強い憎しみを抱いてしまったのか? それは、父親を知らずに育った幼い茜と、孤独な母(内田慈)のかなしい思い出にさかのぼる…。

 同日放送の、「明智の少年時代編」では、明智五郎が美食家になったきっかけとも言える祖父・明智五十六(坂本あきら)との心温まるエピソードを描く。美食家・明智のルーツとなった“ある味”とは。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ