この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

グルメ・レシピ
てぃーたいむてぃーたいむ

フライパンで作る新タマネギと鶏肉のソテー | 多仁亜の旬を食べるレシピ

門倉多仁亜の新タマネギと鶏肉のソテー

新タマネギと鶏肉のソテー/[料理撮影]石川 美香

肉から出た脂で焼くのがポイント!

生で食べることが多い新タマネギですが、私はオーブンでローストして肉料理の付け合わせにするのも好きです。今回は手軽に、フライパンで作る方法を紹介します。

鶏肉から出た脂で焼くので肉のうま味が加わり、新タマネギの甘みととろりとした食感が楽しめます。

新タマネギ

門倉多仁亜の旬を食べるレシピ

~材料~
  • 新タマネギ:2個
  • 塩・こしょう:適量
  • バルサミコ酢:小さじ1~2
  • 鶏もも肉:1枚
  • ローズマリー:1枝
  • ニンニク:1片
  • オリーブ油:大さじ1
  • サヤエンドウ:適量
~作り方~
  1. ちぎったローズマリーの葉とニンニクをみじん切りにする。
  2. 鶏肉に塩・こしょうを振り、①とオリーブ油をもみ込み15分以上置く。
  3. フライパンを熱して、②を皮目から焼く。重みのある小さい鍋などを鶏肉に載せて焼くと均一に焼ける。色良く焼けたら裏返し、中まで火が通ったら鶏肉をいったん取り上げる。肉から出た脂はそのままにしておく。
  4. タマネギは皮をむいてくし形に切り③のフライパンで焼く。きつね色に焼けたら裏返して火を通し、塩・こしょうを振る。サヤエンドウは筋を取って、ゆでておく。
  5. ③を食べやすい大きさに切って皿に盛り、④を添えてバルサミコ酢をかける。

教えてくれた人

料理研究家
門倉多仁亜(かどくら たにあ)さん

門倉多仁亜

ドイツ人の母、日本人の父の間に1966年、神戸で生まれる。父親の転勤に伴い、幼少期は日本、ドイツ、アメリカで過ごす。国際基督教大学卒業後、東京のドイツ系証券会社に入社。鹿屋市出身の夫の留学先のロンドン在住時に、子供の頃から興味のあった料理と製菓を、料理学校ル・コルドン・ブルーで学ぶ。
料理教室を開くほか、テレビや雑誌などでドイツのライフスタイル全般を紹介。2009年に夫の実家がある鹿屋市に家を建て、毎月、東京から帰省して鹿屋での暮らしを楽しんでいる。

この記事のシリーズ Series of this article

多仁亜の旬を食べる

このシリーズは【多仁亜の旬を食べる】として、南日本新聞生活情報誌てぃーたいむに掲載されたものです。東京と鹿屋市を行き来する料理研究家・門倉多仁亜さんに、鹿児島の旬を味わい尽くす料理を紹介してもらいます。

記事一覧を見る

こちらの記事もどうぞ