フェリア倶楽部コンテンツFELIA! CLUB

この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENTS

くらし・住まい
フェリアフェリア

日本の気候風土にあった住宅とは?

日本の伝統的家屋イメージ

日本の伝統的家屋イメージ

日本の家屋…

四季がある日本。夏は涼しく、冬は暖かく過ごしたいものです。

高温多湿の日本では、夏に涼しく過ごせる家づくりが基本とされてきました。和風建築や歴史ある神社仏閣がそうであるように、四方を屋根で囲み太陽の光や熱を遮ったり、風通しが良い設計になっていたりします。

現代は建築基準法の改正で耐震性や断熱性ばかりが注目され、また欧風デザイン住宅の流行もあり、日本の気候風土に合わない住宅が増えたように感じます。住友林業の建築士は“太陽”の光と熱、庭に植える樹木の“緑”、心地よい風が流れる“風通し”の3つを生かす「涼温房」で、快適に暮らせる家を設計します。エアコンにばかり頼り切らず、体、環境、財布にもやさしい生活を送りたいですね。

住友林業の設計「涼温房」

太陽

軒の長さで日照を調整します。太陽が高い夏は日差しを遮り、太陽が低い冬に光を取り込めるようにします。

太陽イメージ

 

家屋の南側に落葉樹を植えて夏は緑で日差しを遮り、葉が落ちる冬は太陽の光が当たるようにします。北側は常緑樹で冷たい空気を呼び込みます。

緑イメージ

 

部屋の間取りや窓で風の流れをコントロール。室内にこもる熱も排出できるように設計し、高温多湿の夏を涼しく過ごせるようにします。

風イメージ

 

教えてくれた人

住友林業 一級建築士・貞本 幸二さん

  • 鹿児島市与次郎2-4-35 KSC鴨池ビル8F[MAP
  • TEL:099-813-4177

こちらの記事もどうぞ

この記事のシリーズ Series of this article

木になる話

一級建築士が、私たちの身近にある「木」についての雑学を紹介。「建物探訪」篇では、鹿児島県内の住宅や有名な木造建築物をプロならではの視点で訪ね歩きます!
協力/住友林業

記事一覧を見る