この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

おもしろ
フェリアフェリア

恐怖(T_T) 家の中で突然「バキッ」と音が。誰かの仕業なの?

木が鳴く…

誰もいないのに突然「ばきっ」なんて音がしたら……

心霊現象ではありません!「家鳴り」という現象なのです。

家の中で突然「パキッ」「バキッ」と音が鳴ることがあります。心霊現象とも言われますが、これは家の建材に使う木から出る音。霊の仕業ではないのでご安心を。

戸建てをはじめ、マンションでも床や壁に木材を使います。特に新築は、木材同士がまだなじまないので、なじむ過程で摩擦による音がします。また、木は、地震、湿気、気温などで変形しても元の形に戻る力があり、このときにも音が鳴ります。

木材の摩擦音で分かりやすいのは、古い家の床のきしみ。これは木がやせ、隣の床材と擦れることで音が出ます。京都の二条城にある「鶯張りの廊下」は、あえて摩擦音が出る設計で侵入者を防いでいたようです。

家鳴りが起こりやすいのは…

新築

特に木造住宅は全体的に木材を使うので気になるかもしれません。5年ほどで木材はなじみます。自然現象なのでご心配なく。

 

寒暖の差

木は、気温や湿度で膨張したり乾燥したりします。エアコンによる温度変化にも反応します。

 

地震のあと

ほんの少しのゆがみでも、木は元に戻ろうとします。その過程で音が鳴りやすくなると思われます。

教えてくれた人

住友林業 一級建築士・貞本 幸二さん

  • 鹿児島市与次郎2-4-35 KSC鴨池ビル8F[MAP
  • TEL:099-813-4177

この記事のシリーズ Series of this article

木になる話

一級建築士が、私たちの身近にある「木」についての雑学を紹介。「建物探訪」篇では、鹿児島県内の住宅や有名な木造建築物をプロならではの視点で訪ね歩きます!
協力/住友林業

記事一覧を見る

こちらの記事もどうぞ