フェリア倶楽部コンテンツFELIA! CLUB

この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENTS

ファッション・美容
フェリアフェリア

Thank You Takapla ♡ たくさんの思い出をありがとう。

タカプラ

タカプラ

鹿児島のファッションビルの草分け「タカプラ」が今年(2018年)2月12日、その歴史に幕を閉じます。待ち合わせはもちろんタカプラ、DCブランドも、輸入雑貨ソニプラやタワレコもありました。

そしてタカプラといえば、天文館名物とも言える外壁の大広告や、バス・電車の車内広告。次々と変わるポスターを楽しみにしたり、コピーに「そうそう」とうなずいたりした人多いのでは? タカプラとその時代をポスターでたどります。

タカプラとファッションと私たち

車内広告は、1975年のオープン当初から続く。複数のテナントが入るファッションビルゆえに、特定の商品ではなくモデルやキャッチコピーでイメージを打ち出してきた。

70年代の挑戦的なモデルの表情や構図、ピーマンのビジュアルからは、若者文化が盛り上がった時代の勢いがあふれる。

1975年(昭和50年)

1975高島屋プラザポスター

1976年(昭和51年)

1976高島屋プラザポスター
 
1976高島屋プラザポスター


1977年(昭和52年)

1977高島屋プラザポスター

80年代は、モデルがよりゴージャスな雰囲気で、「遊び」「かる~い」の言葉も。

1980年(昭和55年)

1980高島屋プラザポスター

1982年(昭和57年)

1982高島屋プラザポスター

90年代に入ると、モデルは等身大になり、2000年以降は地元の素人モデルを起用。コピーには「私」というキーワードが目立ち、自分なりのおしゃれや個性を追求する女性像が浮かび上がる。

1991年(平成3年)

1991タカプラポスター

1997年(平成9年)

1997タカプラポスター
 

 

1 2 3

こちらの記事もどうぞ

この記事のシリーズ Series of this article

フェリアの特集から

フリーペーパーフェリアで特集した内容を、気が向いたらweb上でご紹介する特別コーナー!! グルメ・お出かけ・ビューティーなど、様々なジャンルのコンテンツをお届けします。

記事一覧を見る