フェリア倶楽部コンテンツFELIA! CLUB

この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENTS

グルメ・レシピ
てぃーたいむてぃーたいむ

クレープラップサンド | からだと心が喜ぶ、ごちそう家ごはん

クレープラップサンド

クレープラップサンド

クレープ生地はアレンジ自在!!

ピクニック気分が味わえるクレープラップサンドを、春のおもてなしの食卓に加えてみました。

もちもち食感のクレープ生地で、彩り豊かな野菜や肉をきゅっと巻きます。アレンジ自在な生地は、主食にもデザートにも多彩に応用できます。

クレープラップサンド

~材料~(22cm/6枚~7枚)
  • 【生地】
  • 薄力粉:100g
  • 砂糖:10g
  • 卵(大):1個
  • 牛乳:250ml
  • 無塩バター:20g
  • サラダ油:適宜(フライパンに生地が付きそうなときは薄く引く)
  • 【具】
  • レタス
  • 鶏胸肉のピリ辛マヨネーズあえ
  • 鶏胸肉:100g
  • 酒、薄口しょうゆ、片栗粉、揚げ油、マヨネーズ、スイートチリソース:適量
  • コールスローサラダ
  • 紫キャベツの千切り
  • マヨネーズ、レモン汁、塩、こしょう、砂糖
  • ニンジンサラダ
  • ニンジンの千切り
  • 酢、砂糖、塩、こしょう、クルミ
  • 【その他】
  • ワックスペーパーまたはラップ
~作り方~
  1. 牛乳は人肌に温め、バターは溶かしておく。薄力粉と砂糖は一緒にふるう。
  2. 溶き卵と牛乳をよく混ぜ、薄力粉と砂糖の入ったボウルに少しずつ加え混ぜる。
  3. ②のボウルにバターを少しずつ加え混ぜ合わせ、冷蔵庫で1時間から一晩休ませる。
  4. フッ素加工のフライパン(26cm)を温めて中火にする。フライパンをコンロから外し、お玉1杯分の③を入れ素早く広げる。
  5. 表面が乾いたら菜箸やヘラで持ち上げ、生地の先を指でつかんでひっくり返し裏面も同様に焼く。残りの生地も同様に焼いて冷ましておく。
  6. 鶏胸肉を2cm幅にカットし、酒、薄口しょうゆで軽く下味をつけ片栗粉をまぶして油で揚げ、マヨネーズとスイートチリソースを1:1であえたソースで絡める。
  7. 千切りしたキャベツをさっと熱通しして水気を切り、マヨネーズにレモン汁、塩、こしょう、砂糖をそれぞれ少量加え、あえる。
  8. 千切りしたニンジンを酢、砂糖、塩、こしょう、クルミであえる。
  9. 広げた生地の真ん中より手前にレタス、⑥⑦⑧を置いて包むように巻き、ワックスペーパーやラップでくるんでカットする。

料理制作・監修

松﨑直子さん

松﨑直子さん

薩摩川内市生まれ。夫の転勤に伴い県内離島含む10市町村に移住を重ね、現在は故郷の薩摩川内市で夫との2人暮らし。

暮らしの一部になっている料理・お菓子作りは「家族や友人との大切なコミュニケーションツール。調理は旬の食材と四季が頼りの独学です」と語る。

温もりを感じる美しい料理の数々は、写真共有サイトInstagram(インスタグラム)で17,500フォロワーから支持されている。

Instagram/@komugi3955

松﨑直子さんのEssay

別れや新たな環境を複雑な心持ちで迎えるこの季節、店頭をにぎわす愛らしいイチゴを使ったケーキ作りは、いつも私の励みになっています。ボウルに入れた粉に、砂糖、卵、牛乳、バターを混ぜてのケーキやドーナツ、クレープ作り。幼少の頃の娘達とのおやつ時間に、おいしい顔を演出してくれたものです。

クレープにイチゴとクリームを装うと、普段のおやつもおしゃれに変身します。

イチゴを使ったスイーツ

イチゴを使ったスイーツ

卵黄1個に大さじ2の砂糖を混ぜ、大さじ1の薄力粉を加えさらに混ぜ、温めた牛乳150ccを注ぎ、香り付けにバニラビーンズやバニラエッセンスを加え、とろみが付くまでまぜながら火を通します。

ラップで覆い、冷めたら2人前のカスタードクリームの出来上がり。クレープに挟んでイチゴソースと一緒に飾ったら、ニュアンスのある1皿が完成です。

おやつは心の栄養。イチゴのあるお茶時間が、今日の喜びとなりますように。

こちらの記事もどうぞ

この記事のシリーズ Series of this article

ごちそう家ごはん

「食」は暮らしの根っこ。気持ちを込めて丁寧に作った食事は、お腹だけでなく心も満たしてくれます。鹿児島県内在住の料理家3人が、身近な食材を使った「ごちそう 家ごはん」を交代で提案します。

記事一覧を見る