フェリア倶楽部コンテンツFELIA! CLUB

この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENTS

フェリアSNSSOCIAL

旅・お出かけ
フェリアフェリア

天草でイルカウォッチングや潜伏キリシタンの歴史感じる旅を

天草旅

天草旅を満喫!! イルカウォッチング/﨑津教会

「天草」といえば…潜伏キリシタン

天草下島・﨑津集落

世界文化遺産登録を目指す天草下島・﨑津集落

世界文化遺産登録を目指す﨑津集落へ…

天草下島の西南にある﨑津集落は、2011年に国の重要文化的景観に選ばれ、世界文化遺産登録を目指す「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産のひとつ。

﨑津教会

﨑津教会

天草宝島案内人の会・森田哲雄さんの案内で集落を歩くと、穏やかな内海の港に漁船が集い、その中にゴシック様式の教会がそびえ立つ。

天草にキリスト教が伝わったのは1566年。﨑津にも広まるが、幕府の禁教令により弾圧された。しかし、﨑津のキリシタンは密かに信仰を続け、アワビ貝の模様をマリア像に見立てて祈ったり、神社を参拝するときに「あんめんりゆす=アーメンデウス」と唱えたりしたという。

「潜伏キリシタン」の歴史を聞きながら家と家の間にある幅約90cmの路地を抜ける。この路地は「トウヤ」と呼ばれ、海に続く。

海に面した家には、竹やシュロで作られた漁師の作業場「カケ」があり、漁村の暮らしが見える。

トウヤ

「トウヤ」と呼ばれる細い路地

そして高台の﨑津諏訪神社へ。鳥居をくぐり、社殿へ続く階段の手前で森田さんが立ち止まる。

「住民の7割が潜伏キリシタンであることが発覚した“天草くずれ”の舞台です。この場所で、祈るための信心具を没収して仏教に改宗させた記録が残っています。文化遺産として重要な価値があるんです」

鳥居越しに眺める町並みの中に、1934年に建てられた﨑津教会の屋根。禁教令が解かれるまでの約250年間、他宗教と共存しながら信仰を守ったキリシタンの歴史を、景色が物語っていた。

カトリック﨑津教会

  • 天草市河浦町崎津539[MAP

 

﨑津諏訪神社

  • 天草市河浦町崎津505[MAP

 

ここでも学べる!潜伏キリシタン

天草ロザリオ館

天草ロザリオ館

潜伏キリシタンが隠れて祈った部屋のジオラマや、マリア像に見立てて祈った仏像など、当時のキリシタンの生活や文化を物語る品々がそろう。

天草ロザリオ館

 

天草キリシタン館

天草キリシタン館

「島原・天草一揆」を中心に、動画や史料で天草キリシタンの歴史を紹介。天草四郎率いる一揆軍が使った陣中旗の展示も。

天草キリシタン館

 

☀  ☀  ☀

 

1 2 3

こちらの記事もどうぞ

この記事のシリーズ Series of this article

フェリアの特集から

フリーペーパーフェリアで特集した内容を、気が向いたらweb上でご紹介する特別コーナー!! グルメ・お出かけ・ビューティーなど、様々なジャンルのコンテンツをお届けします。

記事一覧を見る