フェリア倶楽部コンテンツFELIA! CLUB

この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENTS

旅・お出かけ
てぃーたいむてぃーたいむ

三宅美術館/薩摩焼の名品が多数ある美術館(鹿児島市谷山中央)

三宅美術館

収蔵作品が約980点ある三宅美術館

薩摩焼の歴史を知り、エビハラ・ブルーに目を奪われる…

鹿児島市谷山の開業医・三宅力氏が、鹿児島出身作家の絵画、薩摩焼の名品を収集し、1987年に開館しました。

二代長太郎 正夫の『黒千代香』

二代長太郎 正夫の『黒千代香』

収蔵作品は約980点。うち7割近くは古い薩摩焼で竪野、元立院、龍門司、苗代川、平佐、能野(よきの)などのほか、谷山に開窯した初代からの長太郎焼などを展示。薩摩焼の歴史を見ることができます。

三宅美術館

三宅美術館展示室

三宅美術館

三宅美術館展示室

絵画では海老原喜之助の作品が70点余りと多く、「男の顔」や“エビハラ・ブルー”の傑作「スケート」などが展示されています。

企画展は年4、5回開催しており、今年(2018年)7月17日までは海老原、吉井淳二、山口長男らの作品を展示した「明治に生まれた作家たちⅠ」展を開催中です。

ベーカリー、カフェもあります。

三宅美術館

  • 鹿児島市谷山中央1-4319-4[MAP
  • TEL:099-266-0066
  • 開館/10:00~16:30
  • 観覧料/一般:500円(70歳以上:100円)、高校生:300円、小中学生:200円
  • P/10台
  • 休/水曜、12/29~1/3

こちらの記事もどうぞ

この記事のシリーズ Series of this article

話題のスポット

このシリーズは【話題のスポット】として、南日本新聞 生活情報誌てぃーたいむに掲載されたものです。衣食住などテーマを設け、人気のスポットを紹介します。旅・ドライブのご参考にどうぞ。

記事一覧を見る