フェリア倶楽部コンテンツFELIA! CLUB

この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENTS

ライフスタイル
フェリアフェリア

タクシードライバー/お客さまに寄り添い、お客さまを笑顔に

旭交通_米山 恵美さん

米山 恵美さん
旭交通株式会社国分 サービス係(霧島市)

旭交通に入社しタクシードライバーになって、2年目を迎えた。各支社に1台ずつ配備されている「レディースカー(女性ドライバー車)」や、軽福祉車両(車いす専用車)で、霧島市内を中心に走っている。

同社は国土交通省の「女性ドライバー応援企業」に認定されており、柔軟な勤務形態を選べることができ、子どもの急な発熱などでの当日欠勤・早退も認められ、職場の雰囲気も温かいという。

安全運転徹底 お客さまのために

短期大学校修了後、鹿児島市内の国民宿舎に就職、接客などを担当した。結婚して霧島市に移り、出産後、子育てしながら働ける職場を探していたところ、ハローワークで旭交通の求人を見つけた。

人と接する仕事が好きだったので、タクシーに乗務している時も乗客との会話が楽しく、初めの頃はお客さまから道を教えてもらうことも多かった。

入社後すぐに自動車教習所に通い、タクシードライバーに必要な普通自動車第2種免許を昨年6月に取得。新人の間は、ベテランの先輩が乗務する車の助手席に同乗し、運転技術やマナー、接客、地理について実地で学んだ。

「もともと車の運転も得意で、好きだった。今では家族でドライブに出掛ける時も、私が運転することが増えました」と、乗る人を大切にする安全運転に自信を持つ。

子育て経験 サービスに生かす

2歳になる娘がまだ小さく、歩けなかった頃のこと。自分と娘の荷物が入った大きなバッグと買い物袋を両手に持ち、娘を抱っこして帰宅する時、重くて疲れて玄関までがとても遠く感じた。

その苦労を思い出しながら、お年寄りや子ども連れの乗客の荷物や買い物袋を玄関まで運ぶ。足が不自由な人は介助して玄関までお連れする。「ありがとう。またお願いね」と言われると、自らの経験が役立ち、誰かを笑顔にできる仕事にやりがいを感じる。

明治維新150年と大河ドラマ「西郷どん」放映が重なった今年は、国内外の観光客が増えたと実感する。会社の定期研修会でも鹿児島の歴史を学んでいる。「今後はもっと勉強して、霧島地域の歴史や見どころなど魅力を紹介できるようになりたい」と意気込む。

set-CloseUp2

米山 恵美(よねやま・めぐみ)さん
プロフィール

南さつま市生まれ。2007年、加世田常潤高校食品工学科卒、09年鹿児島ホテル短期大学校ホテルビジネス科修了後、国民宿舎レインボー桜島、夢コーポレーション勤務を経て、17年4月から現職。霧島市在住。

今これに夢中です
「ポルノグラフィティ」

中学生の頃からずっとファン。大阪城ホール、幕張メッセなどのライブにも行きました。好きな楽曲は「LiAR」「wataridori」。家族3人でライブに行くのが、今、一番の夢です。

こちらの記事もどうぞ

この記事のシリーズ Series of this article

Close up

鹿児島で働く女性たちを紹介しているFelia!の『クローズアップ』。いろいろな職場で輝いている彼女たちの姿や、これまでの足取りをご紹介します。

記事一覧を見る