フェリア倶楽部コンテンツFELIA! CLUB

この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENTS

旅・お出かけ
てぃーたいむてぃーたいむ

リゾート感ありあり!徳之島町のグルメ&スポット情報

ようこそわが町へ亀津販売所

リゾート感ありあり!徳之島町のグルメやおすすめスポット情報!

遊学リゾートきむきゅら

遊学リゾートきむきゅら「海鮮丼」と「豚なんこつ柔らか煮込み」

海鮮丼(1,100円)と豚なんこつ柔らか煮込み

サンゴ礁を眺めながら食事と宿泊

「きむきゅら」は地元の言葉で「美しい心」の意味。広大なサンゴ礁を望む海岸沿いに立ち、宿泊(2食付きシングル6,000円~)もできます。

和洋のメニューが豊富で、夜光貝など地元ならではの食材も食べられます。お薦めの「豚なんこつ柔らか煮込み定食」(900円)は、ボリュームあるなんこつが竹の器で出されます。

遊学リゾートきむきゅら

  • 大島郡徳之島町下久志1132-1[MAP
  • TEL:0997-84-1186
  • 営/11:00~14:00、17:00~22:00(L.O.21:00)
  • P/15台
  • 休/水曜

 

cafeblue tokunoshima
カフェブルー トクノシマ

カフェブルー トクノシマ「島のハンバーグプレート」

島のハンバーグプレート

島の中心街でホエールウオッチングも

窓の外に広がる海と空の色から名付けられました。冬場はクジラが見えることもあり、窓辺の席には双眼鏡が置かれています。

主に徳之島産食材を使った軽食や飲み物を提供し、島内産合いびき肉を使った「島のハンバーグプレート」(950円)が一番人気。

地元のデザイナーが徳之島をモチーフに作った小物類も販売しています。

cafeblue tokunoshima

  • 大島郡徳之島町亀津7198[MAP
  • TEL:0997-82-2550
  • 営/11:30~17:00
  • P/なし
  • 休/水曜

 

宮本商店

宮本商店「あんばかし(手前)」と「皮付き三枚肉」

あんばかし(手前)と皮付き三枚肉

自家養豚場の豚肉を提供

伝統的に豚食が盛んな徳之島の食卓に欠かせない豚肉専門店で、養豚場を持っています。キロ単位で購入する人が多く、皮付き三枚肉(1キロ1,200円)や豚の前脚(同1,000円)などが人気です。

皮付き三枚肉に塩をまぶしてラードで揚げた「あんばかし」(同2,000円)は、硬めの煎餅のような食感。ビールのつまみや煮込み料理の具材として好評です。

宮本商店

  • 大島郡徳之島町亀津3011[MAP
  • TEL:0997-82-0245
  • 営/8:00~19:00
  • P/7台
  • 休/日曜

 

町の名所

金見崎ソテツトンネルイラスト

金見崎ソテツトンネル

徳之島の北東に位置する金見集落には、幅約3メートル・長さ約250メートルのソテツ並木があります。樹齢300~350年。畑の境界線と防風用に植えられたのが、トンネルを思わせるアーチ状に成長したものです。

ソテツのトンネルを抜けると展望台があり、天気の良い日には水平線上に奄美大島を望めます。

 

サークル紹介

朗読サークル「いきゅんDo」

朗読サークル「いきゅんDo」

「いきゅんど」とは「行くぞ」の意味。7年前に町内で公演された劇団「東演」の朗読劇に刺激を受けて設立されました。30~60代の15人が参加し週1回、約2時間練習しています。高齢者施設や小学校などで朗読や朗読劇を披露するほか、冬には発表会を開催。

渡邉久世代表は「子供たちの豊かな感性を育み、地域の人たちが元気になれば」と語ります。

 

紹介してくれた人

南日本新聞亀津販売所

椛山所長夫妻(左)とスタッフ

南日本新聞亀津販売所

  • 大島郡徳之島町亀津7437-1
  • TEL:0997-82-0412
配達エリアの特徴

畜産とサトウキビ、果物栽培が盛ん

徳之島町は島内3町で最も人口が多く、サトウキビ、パッションフルーツ、マンゴーなどの栽培と畜産が盛んです。アマミノクロウサギ、ケナガネズミなど貴重な生物が生息し、世界自然遺産登録を目指す井之川岳、畦プリンスビーチ海浜公園のサンゴ礁など、豊かな自然が広がります。

こちらの記事もどうぞ

この記事のシリーズ Series of this article

ようこそわが町へ

このシリーズは【ようこそわが町へ】として、南日本新聞生活情報誌てぃーたいむに掲載されたものです。南日本新聞販売所を訪ね、地域に住む人にしか分からない町の魅力やおすすめスポット、グルメ情報を紹介する、南日本新聞がつなぐふるさと情報です。

記事一覧を見る