フェリア倶楽部コンテンツFELIA! CLUB

この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENTS

旅・お出かけ
フェリアフェリア

傷心の西郷が癒しを求めて訪れた地、指宿・鰻温泉を巡る | 西郷旅

西郷隆盛逗留記念碑の横に立つ石像

西郷隆盛逗留記念碑の横に立つ石像

人里離れ、心休めた地。指宿鰻温泉…

明治6(1873)年、朝鮮への使節派遣を巡る論争に敗れた西郷隆盛は、新政府の参議職を辞めて鹿児島に戻った。その後、約1カ月間滞在したのが、指宿市山川の鰻温泉。

オオウナギが農業のための取水口をふさいだ伝説があり、平成の初期までウナギなどを養殖していた周囲約4.2kmの鰻池の畔にある温泉地で、現在は40世帯(2018年9月現在)が生活している。

鰻池

鰻池

区営鰻温泉

区営鰻温泉

集落の中心にあるのは単純硫黄泉の公衆浴場「区営鰻温泉」。西郷を癒やした湯に浸かって在りし日をしのびたい。

区営鰻温泉

  • 指宿市山川成川6517[MAP
  • TEL:0993-35-0814
  • 入浴料/大人:200円

 

集落を歩くと至る所で白い蒸気が立ち上る。温泉もあるが、高温の蒸気を利用したかまど「スメ」も名物のひとつで、「揚げ物以外は調理ができると聞きます。ほとんどの家庭にスメがありますよ」と、いぶすき西郷どん館の濵田裕一さん。

「スメ広場」にあるスメ

「スメ広場」にあるスメ

この恵みをもたらす噴気孔が地中にあるため、アスファルトの地面を触ると床暖房のように温かい。しとしと降り続いていた秋雨が止むと、地面や電柱がすぐに乾いた。

スメ広場[MAP]にあるスメは、観光客も利用できる。野菜や卵、ザルを持参して体験しよう!

 

温泉とウナギが好きだったからか。西郷は13匹の犬を連れて訪れ、福村市左衛門宅に滞在。このときの様子が薩摩藩士・樺山資紀の文書にある。西郷は開聞岳へウサギ狩りに出掛け、温泉に入り、鰻池の湖畔で運動したという。

西郷が滞在した福村市左衛門の宅地跡

西郷が滞在した福村市左衛門の宅地跡

西郷が滞在した福村市左衛門の宅地跡。現在は福村氏の子孫が住んでいる。すぐ近くには鰻温泉の西郷隆盛石像(=トップ写真)と逗留記念碑[MAP]も。

集落内には西郷が大切にしていた“13匹の犬”の石像が点在していて、観光スポットを案内してくれる。

鰻集落の観光スポットを案内する西郷隆盛の愛犬「ツン」の石像

こちらは「ツン」

鰻集落の観光スポットを案内する西郷隆盛の愛犬「サワ」の石像

こちらは「サワ」

鰻集落の観光スポットを案内する西郷隆盛の愛犬「ブチ」の石像

こちらは「ブチ」

鰻集落の観光スポットを案内する西郷隆盛の愛犬「ハヤ」の石像

こちらは「ハヤ」

いぶすき西郷どんガイドの池上幸一さんは、当時の西郷の心境は二つあったとして、「しがらみから解放されて自由に過ごそうとした」「新政府への不平不満」を挙げた。四方を山で囲まれた、かくれ里のような場所。西郷は心を休め、未来を見据えたのかもしれない。

いぶすき西郷どんガイドのお二人

ガイドの鹿児島弁も魅力

いぶすき西郷どんガイド

  • 料金/大人:500円・小中学生:300円(スメ体験・記念品込み)
  • TEL:0993-22-3257[指宿市観光協会]
  • HP/いぶすき西郷どんガイド

 

今回のbreakスポットは…

ぱどる食堂

鰻温泉から車で20分ほど。池田湖畔に2017年にオープンした「ぱどる食堂」は、定食、ラーメン、カレーなどを味わえる。

ぱどる食堂「西郷丼」

「西郷丼」(1,080円)。ごはんはおかわり自由

1日10食限定の「西郷丼」は、指宿産のごはんに、黒豚とんかつ、なんこつ煮込み、エビフライがのる“がっつり飯”。「安くてお腹いっぱいになる食堂を作るのが夢だった」と、指宿駅近くで居酒屋も営むオーナーの遠藤聡さん。

店の外観や箸袋にあるキャラクターは鰻温泉にアトリエを構えるイラストレーター・ocoboさんがデザイン。幻獣イッシーに乗った西郷どんの表情が、なんともユニークだ。

ぱどる食堂のキャラクター

幻獣イッシーに乗った西郷どん

ぱどる食堂の店内

店内には座敷もある

ぱどる食堂

ぱどる食堂

  • 指宿市池田5475[MAP
  • TEL:080-5246-5018
  • 営/11:00~14:00
  • 休/日曜

 

西郷旅ロゴよこ

今回の西郷旅MAP

西郷旅鰻池編マップ

 

明治維新150年関連ニュース

南日本新聞公式HP[373news.com]
明治維新150年特集

南日本新聞ホームページでは、明治維新150年関連のニュースはもちろん、南日本新聞で連載した「幕末新聞」や観光案内なども織り交ぜ、さまざまな「かごしま」をご紹介する特集がスタート!!

「鹿児島の偉人達」の像や関係する施設・スポット情報満載の『偉人マップ』には、付近のグルメ情報までも。

ほか、1867(慶応3)年の1年間を、当時の国内外の史料をもとに“新聞スタイル”で再構成した『幕末新聞』など、明治維新に関係する話題がてんこ盛り!!

下記リンクからどうぞ!!

こちらの記事もどうぞ

この記事のシリーズ Series of this article

西郷旅

明治維新150年の節目、あらためて知りたい西郷隆盛のこと。 フェリアライターが「ゆかりの地」を訪ねる、その名も『西郷旅』。始まりました。

記事一覧を見る