フェリア倶楽部コンテンツFELIA! CLUB

この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENTS

旅・お出かけ
てぃーたいむてぃーたいむ

神話と食、豊かな自然に恵まれた霧島のグルメ&スポット情報

神話と食、豊かな自然に恵まれた霧島のグルメやおすすめスポット情報!

神話と食、豊かな自然に恵まれた霧島のグルメやおすすめスポット情報!

霧島峠茶屋

霧島峠茶屋

オムライスと西郷どんラテ

霧島山を眺めながら食事と喫茶

霧島連山が一望できる絶景ポイントにあり定食、カレー、丼物、麺類、ピザなどメニュー豊富です。

霧島産の卵と鶏肉を使い、デミグラスソースたっぷりのオムライス(単品880円、サラダ・スープ付きセット1,180円)、ココアパウダーで偉人の顔を描いた「西郷どんラテ」「龍馬ラテ」(各450円)も人気。

霧島峠茶屋

  • 霧島市牧園町持松字黒ケ原223-10[MAP
  • TEL:0995-57-2577
  • 営/11:00~14:00、17:00~21:00(L.O.20:30)
  • P/20台
  • 休/木曜

 

霧島蕎麦處 かわぐち

霧島蕎麦處かわぐち

11月の季節の味そば「時雨そば」

旬の食材使った季節の味そば

そばは茨城県古河市の玄そばを霧島で製粉、水のみで打ち、つゆは生じょうゆ、かつお節、昆布などで作っています。

盛りそば、かけそば(各900円)のほか、月替わりの季節の味そばもあります。

11月はイクラ、カイワレ大根、カブのすりおろしなどを添え、紅葉に雨の情景をイメージした「時雨そば」(1,800円)。予約優先なので事前に電話確認を。

霧島蕎麦處 かわぐち

  • 霧島市霧島田口2638-249[MAP
  • TEL:0995-57-4321
  • 営/12:00~(売り切れ次第終了)
  • P/3台
  • 休/不定休

 

寿司処 おおとりい

寿司処おおとりい

郷土寿し

黒豚やシシ肉などの郷土寿し

霧島らしいものをと開発した「郷土寿し」(1,380円)は、ネタにこんにゃく、しょうゆの実、豆腐、鶏・あぶった黒豚・イノシシの肉などを使うにぎり9貫に、酢飯に粉末茶をまぶした緑茶いなりと、地元食材を使用。

すし6品にサラダ、黒豚のショウガ巻き、茶碗蒸しなどのレディスランチ(1,080円)は男性客にも評判です。

寿司処 おおとりい

  • 霧島市霧島田口2459-95[MAP
  • TEL:0995-57-1884
  • 営/11:00~14:00、17:00~22:00
  • P/10台
  • 休/水曜

 

町の史跡

狭名田の長田の跡

狭名田(さなだ)の長田(おさだ)の跡

霧島市霧島田口字下真田にあり、瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)が初めて水稲を作った日本最古の田であると伝えられ、彦火火出見尊(ヒコホホデノミコト)が生まれたとき、新米で甘酒を作り、ご飯を炊いて祝ったとされます。

霧島神宮が斎田として管理し、毎年6月初めには神事の後、すげ笠にたすき掛け姿の早男、早乙女が豊作を祈って苗を手植えします。

 

サークル紹介

霧島キッズジャパン

霧島キッズジャパン

メンバーは霧島市立大田小学校の児童を中心とした16人。毎週火・木曜日の放課後は同小の校庭で1、2時間、土曜日は霧島町総合グラウンドで2時間、軟式野球の練習に励んでいます。

9年ほど前に県大会で準優勝、最近は県大会にも出場しました。窪田悟監督(56)は「チームワークを大切に、野球を通じて人間的に成長してほしい」と話します。

 

紹介してくれた人

霧島販売所長

久木田所長

南日本新聞霧島販売所

  • 霧島市霧島田口660-1
  • TEL:0995-57-0141
配達エリアの特徴

神話と自然、温泉の豊かな観光保養地

霧島市霧島とその周辺部は、豊かな自然景観や食、神話の魅力に恵まれた観光保養地です。清らかな水を生かしたおいしい焼酎や米が作られ、黒豚や鶏など畜産も盛ん。春の新緑、夏の避暑、秋の紅葉、冬の温泉と、一年を通して訪れる人が絶えません。

こちらの記事もどうぞ

この記事のシリーズ Series of this article

ようこそわが町へ

このシリーズは【ようこそわが町へ】として、南日本新聞生活情報誌てぃーたいむに掲載されたものです。南日本新聞販売所を訪ね、地域に住む人にしか分からない町の魅力やおすすめスポット、グルメ情報を紹介する、南日本新聞がつなぐふるさと情報です。

記事一覧を見る