フェリア倶楽部コンテンツFELIA! CLUB

この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENTS

旅・お出かけ
フェリアフェリア

西郷隆盛がウサギ狩りに訪れた川内高城温泉を巡る | 西郷旅

川内高城温泉街を走るボンネットバス

川内高城温泉街を走るボンネットバス

西郷どんもお肌が“つるん”?

目抜き通りのS字カーブをボンネットバスがゆっくり進む。薩摩川内市湯田町の山あいに湯治宿や立ち寄り湯が寄り添う川内高城温泉は、約800年の歴史を誇る。

レトロ感ありありの川内高城温泉街

レトロ感ありありの川内高城温泉街

川内高城温泉街入口のレトロ看板

昔懐かしのホーロー看板

西郷隆盛は1873(明治6)年、ウサギ狩りに川内高城温泉を訪れたと伝わる。通り沿いでは、この秋(2018年)リニューアルした西郷隆盛入浴像が湯治客を出迎える。

川内高城温泉 西郷隆盛入浴像

リニューアルした西郷隆盛入浴像

民家に1週間宿泊、裏の宿で碁を指したという西郷。好んだ共同湯では、隅っこが気に入りだったという。

西郷隆盛が好んだという川内高城温泉共同湯(元湯)

共同湯(元湯)

川内高城温泉の共同湯(元湯)

共同湯(元湯)

  • 薩摩川内市湯田町6763[MAP
  • TEL:0996-28-0117

 

西郷隆盛が「不老泉」と称えた湯がある

双葉旅館(旧五助屋)看板

「不老泉」と書かれた双葉旅館(旧五助屋)の看板

双葉旅館(旧五助屋)と双葉屋は西郷が「不老泉」「安楽泉」とたたえた湯。旧五助屋の浴室内モザイク張りの壁にも「不老泉」の文字がある。

双葉旅館(旧五助屋)浴室内の「不老泉」の文字

浴室内モザイク張りの壁にも「不老泉」の文字が

両湯の経営者の孫娘、吉田弘美さんは「昭和20年代頃は湯治客らが宿の廊下にまで人があふれ返ったほど、とにかくにぎわったと聞きます」と話す。「当時の温泉は病院代わり。湯の力はすごいですね。ここのお年寄りは皆元気、お肌もつるんつるんです」。

川内高城温泉・双葉屋

双葉屋

  • 薩摩川内市湯田町6461[MAP
  • TEL:0996-28-0018

双葉旅館(旧五助屋)は道路を挟んだ向かい側。

 

日本の名湯百選に選ばれた美肌湯

ようこそ川内高城温泉への看板

風情ある看板

「一番のごちそうは『日本の名湯百選』にも選ばれた美肌湯」と言うのは、せんだい高城温泉よか湯協議会の井龍修会長。

「西郷さんの肌もつるっつる!!」のうたい文句で、地域おこしを引っ張る。

せんだい高城温泉よか湯協議会の井龍修会長

せんだい高城温泉よか湯協議会

 

ひなびた温泉街に似合いの昔ながらの商店があったので、のぞいてみた。

85歳の石原ヨツエさんが手作りするだんごや餅が人気の石原商店は、県外発送の引き合いも多い。

昭和30年に嫁いできたヨツエさんは「あくまきもかからん団子も、母が作っていた昔の味を次の世代の人に伝えたいのよ」と思いを語った。

石原商店の石原ヨツエさん

石原ヨツエさん。みそも豆腐も何でも手作りする

石原商店

  • 薩摩川内市湯田町6762[MAP
  • TEL:0996-28-0035

 

石原商店のすぐ近くには、83歳の八木二雄さんが営む八木酒店も。にぎやかな飾り付けで存在感バッチリ。

八木酒店

八木商店

  • 薩摩川内市湯田町6473[MAP
  • TEL:0996-28-0040

 

今回のbreakスポットは…

湯峠茶屋

温泉街唯一の食堂「湯峠茶屋」では、アユの塩焼きや山菜など地元の山や川の恵みを味わえる。切り盛りする石塚洋子さんは「素人料理ですが」と謙遜するが、天降川のアユから自家栽培の栗・柿まで、素材は高城温泉出身のご主人が趣味の山遊び・川遊びで前日調達する新鮮なものばかり。

湯峠茶屋「アユの塩焼き定食」

アユの塩焼き定食。11月上旬まで落ちアユが味わえる

請われて開業し2年。「ずっと専業主婦だったが、今は人との出会いが楽しくて」という明るい石塚さんとの会話も楽しい。定食800円、アユ塩焼き定食1,000円。予約がお勧め。

湯峠茶屋

湯峠茶屋

  • 薩摩川内市湯田町6773-3[MAP
  • TEL:080-1760-8993
  • 営/11:00~14:00
  • 休/月~水曜

 

西郷旅ロゴよこ

今回の西郷旅MAP

西郷旅MAP「川内高城温泉」編

 

明治維新150年関連ニュース

南日本新聞公式HP[373news.com]
明治維新150年特集

南日本新聞ホームページでは、明治維新150年関連のニュースはもちろん、南日本新聞で連載した「幕末新聞」や観光案内なども織り交ぜ、さまざまな「かごしま」をご紹介する特集がスタート!!

「鹿児島の偉人達」の像や関係する施設・スポット情報満載の『偉人マップ』には、付近のグルメ情報までも。

ほか、1867(慶応3)年の1年間を、当時の国内外の史料をもとに“新聞スタイル”で再構成した『幕末新聞』など、明治維新に関係する話題がてんこ盛り!!

下記リンクからどうぞ!!

こちらの記事もどうぞ

この記事のシリーズ Series of this article

西郷旅

明治維新150年の節目、あらためて知りたい西郷隆盛のこと。 フェリアライターが「ゆかりの地」を訪ねる、その名も『西郷旅』。始まりました。

記事一覧を見る