フェリア倶楽部コンテンツFELIA! CLUB

この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENTS

旅・お出かけ
フェリアフェリア

西郷隆盛がひと月過ごした栗野岳温泉とその周辺を巡る | 西郷旅

栗野岳温泉 南洲館

栗野岳温泉 南洲館

西南の役の前年、秘湯で過ごしたひと時…

霧島連山の最も西に位置する栗野岳は標高1,102mの緩やかな山。山々の恩恵、湧水町の各所ではミネラル豊富な水が湧き出し、広がる田畑を潤す。

栗野岳の中腹には、枕木7,000本を使用した「日本一の枕木階段」なるスポットも存在する。

栗野岳・日本一の枕木階段の登り口

登り口

栗野岳・日本一の枕木階段からの景色

絶景だ!

栗野岳周遊ルートについては、こちらの記事から。

 

1873(明治6)年、職を辞して鹿児島に戻った西郷隆盛は、鹿児島市に吉野開墾社や私学校を設立した後、湧水町の栗野岳を訪れている。知人に宛てた手紙の中で「仙人が住むようなところ」と感想をつづり、1カ月ほど過ごしたという。

JR肥薩線栗野駅から美しい杉並木を車でぐんぐん登ると、次第に山の冷たさが体の芯まで染みてくる。くねくねと曲がった道の先、開けた場所に「栗野岳温泉 南洲館(=トップ写真)」がある。こちらでは3カ所の源泉が楽しめ、昔から湯治場として親しまれてきた。

栗野岳温泉 南洲館「木彫りの西郷どんとツン」

木彫りの西郷どんとツンがお出迎え

栗野岳温泉 南洲館の看板犬れお

看板犬・れお

建物の裏手にある「八幡大地獄」からは、もくもくと蒸気が噴き上がり、まわりは蒸気で真っ白。強い硫黄臭に包まれる、まさに“秘湯”。遊歩道は整備されているが、岩場も多いので足元には気をつけたい。

栗野岳・八幡大地獄遊歩道の入口

八幡大地獄遊歩道の入口

栗野岳八幡大地獄

栗野岳八幡大地獄

「西郷さんが入ったのは源泉に近いお湯だと思います」と、オーナーの永峯周作さん。類似するという竹の湯はひりひりとした熱さが心地良い。西郷が患っていたという持病にも効いたのだろうか、通称ドロ湯と呼ばれるこちら、寒い時季には泥が沈殿する日もあり、腕などを泥パックして楽しむ客もいるそうだ。

栗野岳温泉 南洲館「竹の湯」浴室

竹の湯

栗野岳温泉 南洲館「竹の湯」

栗野岳温泉 南洲館「竹の湯」

湧き出す自然の蒸気を利用した蒸し風呂もあり、永峯さんいわく、『湯巡りをする際は「竹の湯」と「さくら湯」の真ん中に「蒸し湯」を持ってくるのが通』だとか…。

栗野岳温泉 南洲館「蒸し風呂」

こちらは「蒸し風呂」

栗野岳温泉 南洲館「南洲翁遊猟之地」碑

南洲翁遊猟之地の碑

敷地内には「南洲翁遊猟之地」碑が建つ。宿に残る資料からは、気軽な鹿児島弁で地域の人たちと交わる、大らかな西郷の人柄が伝わってくる。

しかもこの日は看板ネコ「ぶーちゃん」も、わざわざ顔を出してくれた。

山の中腹、遠くの山々を眺めながら、凍るような冷たい空気を大きく吸い込むと、体中が浄化されるようだ。この仙境のような地を、西郷も狩りをしながら走り回ったのだろうか。

滞在したのは西南戦争の前年。西郷のひとときの休息に寄り添う。

栗野岳温泉 南洲館

 

今回のbreakスポットは…

かくれの里 あら木

「アーモンドの町にしたい」。地域おこしの先頭に立ち、「アーモンドラーメン」を生み出した「あら木」店主の荒木國光さん。

「妻の実家である、駅前にあった昔のラーメン屋の味を再現しました」。ラーメンは全部で7種類。おにぎりには湧水米を使用する。

かくれの里 あら木「荒木さんご夫妻」

荒木さんご夫妻

かくれの里 あら木「アーモンドラーメン」

豚骨スープにアーモンドのコクと香りが優しい、「アーモンドラーメン」

思い出の味にアーモンドを加えた一杯は、KADOKAWA発行のラーメン情報誌で県内ランキング1位を獲得。「憩いの場になれば」と、お店は女性でも入りやすい古民家カフェ風だ。

かくれの里 あら木

古民家カフェ風の店内

かくれの里 あら木

四季を感じるテラス席

のれんのかかった粋な店構えで、席からは栗野岳も望める。栗野岳の中腹、町のみんなで育む「アーモンドの丘」は1年半後に実りを迎える予定だ。

かくれの里 あら木から望む栗野岳など

窓の外には美しい栗野岳が

かくれの里 あら木

粋な店構え

かくれの里-里山の麺処と和布あそび- あら木

  • 姶良郡湧水町川西1280-3[MAP
  • TEL:0995-75-4102
  • 営/11:00~15:00
  • 休/月、火曜

 

西郷旅ロゴよこ

今回の西郷旅MAP

西郷旅栗野岳温泉編MAP

 

明治維新150年関連ニュース

南日本新聞公式HP[373news.com]
明治維新150年特集

南日本新聞ホームページでは、明治維新150年関連のニュースはもちろん、南日本新聞で連載した「幕末新聞」や観光案内なども織り交ぜ、さまざまな「かごしま」をご紹介する特集がスタート!!

「鹿児島の偉人達」の像や関係する施設・スポット情報満載の『偉人マップ』には、付近のグルメ情報までも。

ほか、1867(慶応3)年の1年間を、当時の国内外の史料をもとに“新聞スタイル”で再構成した『幕末新聞』など、明治維新に関係する話題がてんこ盛り!!

下記リンクからどうぞ!!

こちらの記事もどうぞ

この記事のシリーズ Series of this article

西郷旅

明治維新150年の節目、あらためて知りたい西郷隆盛のこと。 フェリアライターが「西郷隆盛ゆかりの地」を訪ねる、その名も『西郷旅』。始まりました。

記事一覧を見る