フェリア倶楽部コンテンツFELIA! CLUB

この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENTS

フェリアSNSSOCIAL

旅・お出かけ
フェリアフェリア

ユクサおおすみ海の学校 | 廃校を活用した施設へ行く(鹿屋市)

ユクサおおすみ海の学校

ユクサおおすみ海の学校は、2013年に閉校した旧菅原小学校を活用

学校の名残りが懐かしい、体験型宿泊施設…

  • 鹿屋市天神町「旧菅原小学校」

鹿屋市の風光明媚(めいび)なスポット「荒平天神」から車で1分ほど。県道68号沿いに「菅原小学校」の正門がある。外観は学校そのもので、今にも児童たちが駆け出してきそう(=トップ写真)。

校舎の中には、太陽の光がたっぷりと差し込み、ここで過ごした子どもたちのにぎわいと笑顔が目に浮かぶ。

花壇にはブロッコリーの苗。収穫後は食堂で使う予定

花壇にはブロッコリーの苗。収穫後は食堂で使う予定

菅原小学校は2013年に閉校したが、今年(2018年)7月に、体験型宿泊施設としてオープン。

ユクサおおすみ海の学校「大部屋」

こちらは大部屋。黒板が残っている

宿泊はドミトリー(1人/3,900円~)、大部屋貸し切り(1室/26,000円~)、個室(1人/6,000円~)がある。窓の向こうには校庭と鹿児島湾。学校に泊まるワクワク感を求めて宿泊目的で足を運ぶ客も多い。

ユクサおおすみ海の学校「個室・校長室」

こちらは「校長室」という名の個室

トイレをリフォームしたり、シャワーやランドリールームを作ったり、部屋をホテルの個室仕様にしたりと改装したが、手洗い場や黒板、「校長室」「職員室」といった墨文字の札など、学校の名残りが色濃く残る。

校長先生が使っていた机をフロント台に、オルガンを事務デスクに使うなど備品も無駄にしない。

レモンせっけんが懐かしい手洗い場

レモンせっけんが懐かしい手洗い場

 

鹿屋市出身の川畠康文さんをはじめ、7人で作った会社「Katasudde(カタスッデ)」が運営。マリンスポーツや描いた絵で版を作り、音楽室ではTシャツなどにシルクスクリーン印刷ができる体験教室が。

ユクサおおすみ海の学校「シルクスクリーン体験教室」

シルクスクリーンを体験できる教室は音楽室だ

図工室と理科室は「おおすみ食堂さのぼい」に。使う食材は大隅半島で作られたもの。ランチメニューは肉、魚介の料理がメインの日替わりランチ2~4種(1,000円)のみ。

おおすみ食堂さのぼい「さのぼい丼定食」

鹿屋産カンパチの漬け丼がメインの「さのぼい丼定食」

他、ガーナ、ベトナム、ペルーからカカオ豆を仕入れて製造するチョコレートショップ「kiitos(キイトス)」。桜島に見立てた形のチョコレート(864円)は包み紙もキュート。

チョコレートショップ「kiitos(キイトス)」

チョコレートショップ「kiitos(キイトス)」

フロントに立つスタッフの肥後幸子さんは「生産者を講師に迎え、大隅の食や文化を伝える企画も進めています。“学校”だからこそ、学べる場所になれたら」。

スタッフの合い言葉は「面白いことをしよう」。学校という可能性に満ちた場所で、夢は広がる。

ユクサおおすみ海の学校

 

こちらの記事もどうぞ

この記事のシリーズ Series of this article

フェリアの特集から

フリーペーパーフェリアで特集した内容を、気が向いたらweb上でご紹介する特別コーナー!! グルメ・お出かけ・ビューティーなど、様々なジャンルのコンテンツをお届けします。

記事一覧を見る