フェリア倶楽部コンテンツFELIA! CLUB

この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENTS

フェリアSNSSOCIAL

旅・お出かけ
フェリアフェリア

西郷隆盛率いる薩軍が田原坂から逃れた人吉を巡る | 西郷旅

永国寺

「幽霊寺」としても有名な永国寺の楼門

西南戦争の痕跡が随所に残る街・人吉

2体の仁王像が構える見事な木造の楼門が目を引く。幽霊の掛け軸が伝わり「幽霊寺」としても有名な永国寺(=トップ写真)。熊本城、田原坂の戦いに敗れた西郷軍(薩軍)は、人吉に逃れた。西郷隆盛は政府軍(官軍)が人吉を制圧するまでの33日間、滞在した。

永国寺に伝わる幽霊の掛け軸

寺に伝わる幽霊の掛け軸

最初に本営を置いたのが、この永国寺だ。官軍の総攻撃で人吉の街は炎上、当時の本堂も焼失した。

境内に立つ「西郷本営跡碑」によると、寺宝もこの時あらかた燃えてしまったが、焼け残った一つが幽霊の掛け軸で、今多くの観光客を呼んでいる。

普段はレプリカの「幽霊の掛け軸」を展示している寺には、西郷軍に加わった人吉二番隊士の碑もある。

永国寺

  • 熊本県人吉市土手町5[MAP
  • TEL:0966-22-2458

 

薩軍と官軍は、市内を流れる球磨川を挟んで戦った。西側の高台にある「官軍砲台跡[MAP]」に立つと、人吉の市街地が一望できた。

官軍砲台跡から見下ろす人吉市街地

官軍砲台跡から見下ろす、人吉の市街地

今のようにビルもなかった頃、ここからなら、川の南側にあった人吉城はじめ薩軍陣地の動きは一目瞭然だったはず。官軍の破裂弾に対し、薩軍の砲弾はここまで届かなかったという。


永国寺の門前から真っすぐ、人吉城に向かって伸びる通り沿いに、西郷が寝泊まりしたという「西郷隆盛宿舎跡」の看板が立つ。

西郷隆盛宿舎跡

西郷隆盛宿舎跡

西郷隆盛宿舎跡は「武家蔵」として公開されている。門は人吉城から移築したもので、西南戦争でも焼け残ったものという。

同所語り部の堤悟さんが「子どものころ西郷さんに会ったという女性によると、西郷さんはギョロッとした目で、堂々、悠々としていた。滞在中も猟や釣りをしていたそう」と教えてくれた。

堤さんはこう考える。「もう(負ける)覚悟をしていたんですよ」。果たしてその胸中はいかばかりだったのだろうか。

西郷隆盛宿舎跡(武家蔵)

  • 熊本県人吉市土手町35[MAP
  • TEL:0966-22-5493
  • 休/不定休

 

今回のbreakスポットは…

青井阿蘇神社

国宝の青井阿蘇神社。その敷地内にある平安から明治時代まで使われた元大宮司の屋敷も薩軍の宿舎・本部となった。広間の柱に「西南戦争時の刀傷」とされる跡が残る。現在は「文化苑」として公開(大人:300円)されている。

青井阿蘇神社文化苑

青井阿蘇神社 元大宮司屋敷「文化苑」

人吉には「人吉隊」として西郷軍に加わった人が多く、官軍、薩軍に別れて戦った親子の悲話も語り継がれている。

人吉はもと相良藩。観光案内人の林通親さんは「幕末に城下で大火事があった時に、隣の細川(熊本)藩には借金を断られたが、薩摩藩の小松帯刀が用立ててくれたお陰で復興できた。その恩義を感じていたんじゃないか」と解説した。

青井阿蘇神社

 

町屋旅館一富士

町屋旅館一富士「栗~むinブリュレ」

栗~むinブリュレ

栗を丸ごと使った「栗~むinブリュレ」。ひと休みにいかがですか?

町屋旅館一富士

  • 熊本県人吉市九日町60[MAP
  • TEL:0966-22-2410

 

西郷旅ロゴよこ

今回の西郷旅MAP

西郷旅人吉編MAP

 

こちらの記事もどうぞ

この記事のシリーズ Series of this article

西郷旅

2018年は明治維新150年の節目。あらためて知りたい西郷隆盛のこと。 フェリアライターが「西郷隆盛ゆかりの地」を訪ねる、その名も『西郷旅』。西郷隆盛ゆかりの地と付近のスポットをご案内します。

関連情報:かごしま明治維新特集
南日本新聞公式HP[373news.com]では、2017年12月から「明治維新特集」と題して、明治維新関連のニュースはもちろん、南日本新聞で連載した「幕末新聞」や観光案内なども織り交ぜた「偉人マップ」など、さまざまな「かごしま」をご紹介する特集を公開中。下記リンクからご覧ください。
かごしま明治維新特集

記事一覧を見る