フェリア倶楽部コンテンツFELIA! CLUB

この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENTS

ライフスタイル
フェリアフェリア

チアリーダー/夢中になれる幸せ。本業と両立励む

チアダンスチーム Redy Luckチアリーダー・駒走有香さん

駒走 有香さん
(チアダンスチーム Redy Luck(レディ・ラック)/鹿児島市)

白熱の試合会場を華やかに盛り上げる!

1月、鹿児島アリーナで行われた男子バスケットボールBリーグ3部の試合。プロバスケットボールチームの鹿児島レブナイズが戦うコートサイドにチアリーダーらが立ち、軽快な音楽に合わせて金色のポンポンを持つ手を高く掲げた。

「ゴーゴーレブナイズ!」。その声はコートへ、観客席へ。すると今度は音楽が重低音に。対戦相手の選手がボールを手に攻め始めると、声援も変わる。「ディフェンス!」。試合が中断すると、コートに駆け込みキレのあるダンス。バック転を交えたアクロバットなパフォーマンスに会場が沸き、観客も乗ってきた。

「室内競技のバスケは会場の一体感が強い」。休みなくパフォーマンスを繰り広げた疲れなど一切見せず、満面の笑顔で試合を見守った。

小学生の頃、2歳下の妹がダンスを習い始め、一緒にスクールに通うように。中学では友人に誘われバスケットボール部。高校入学時、同級生からチアダンスチームに誘われた。バスケットボール部との両立に自信がなく断ったが、気になって観戦へ。「華やかでかっこいい。ダンスもバスケも好きだから、やってみたい」。

専門学校への進学を機に、チアダンスチームのレディラックに所属した。いわゆる鹿児島レブナイズの応援団。使う音楽やダンスの構成はメンバーが考え、10種類ほどのパフォーマンスで会場を盛り上げる。

夢中になれる幸せ… 本業と両立する活力に。

本業は総合病院の病棟に勤める看護師。毎月4~5回の夜勤もあり、無論、責任は重い。

レディラックの所属メンバーは5人。これまで15人ほどが所属することもあったが、学業や就職活動との両立を諦める仲間を見送ってきた。

「仕事で体力を使い果たし、きついときも。でも練習や試合に行けば疲れを忘れる。体を動かすことが楽しくてストレス発散に。今も続けている仲間はきっと同じ気持ち」

休日は練習や試合で予定が埋まるが、「夢中になれるものがあって、それをできる環境もあるのは、すごく幸せなこと」。それを仕事への意欲につなげる。

「チアを続けるためにも、仕事は人一倍真剣に」。背筋をピンと伸ばして前を向く。やわらかな笑顔に人柄をにじませて。

set-CloseUp2

駒走 有香(こまばしり・ゆうか)さん
プロフィール

鹿児島市生まれ。小学校からジャズダンスを始め、中学、高校はバスケットボール部に。鹿児島医療福祉専門学校在学中、レディラックに所属。2015年、正看護師の資格を取得し、鹿児島市の総合病院に就職。

今これに夢中です
「トイプードルのはなちゃん」

6年前にペットショップで見かけて連れて帰りたくなり、同居する親を2カ月かけて説得しました。ふわふわで、かわいくて仕方ないです! 今では家族のアイドルです。

 

チアダンスチーム Redy Luck(レディ・ラック)

イベントやスポーツを盛り上げるチアダンスチーム。活動内容はウェブサイトで紹介。


シリーズ「GO!GO!レブナイズ」

鹿児島のプロバスケットボールチーム・鹿児島レブナイズ。9月末に開幕したB3リーグで、Bリーグ・B2復帰を目指す戦いを繰り広げています。フェリア!では「鹿児島レブナイズ応援企画」として、GO!GO!レブナイズを展開しています。選手たちの意外な素顔が見つかるかも!?

GO!GO!レブナイズ記事一覧はこちらから

こちらの記事もどうぞ

この記事のシリーズ Series of this article

Close up

鹿児島で働く女性たちを紹介しているFelia!の『クローズアップ』。いろいろな職場で輝いている彼女たちの姿や、これまでの足取りをご紹介します。

記事一覧を見る