フェリア倶楽部コンテンツFELIA! CLUB

この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENTS

旅・お出かけ
てぃーたいむてぃーたいむ

清色城跡 | 思いをはせて城跡巡り(薩摩川内市入来)

清色城跡

清色城跡

武家屋敷群近く。国指定史跡の山城…

玉石垣や武家門の武家屋敷群が今も残る入来麓地区。その西側に位置する清色城は面積約24ヘクタールの広さを誇りました。南北朝時代末期の築城と推定され、入来院渋谷氏代々の居城でした。

高さ30~50メートルのシラス丘陵の断崖が天然の城壁を形成している南九州の典型的な山城で、国指定史跡になっています。領主の仮屋跡だった入来小学校近くの登り口から坂道を進むと、敵の侵入を防ぐための堀切があります。

清色城跡

敵の侵入を阻む巨大な堀切

清色城跡

本丸跡

両側が高さ20メートルほどの崖に挟まれた幅2、3メートルの急坂が30メートルほど続き、堀切を抜けると約200メートルで本丸跡に着きます。

清色城

  • 薩摩川内市入来町浦之名[MAP
  • P/入来支所前駐車場に駐車可
城跡

武将たちが敵の動きをいち早く察知し戦に備えるために知恵を絞って造った城。長い年月を経た現在も当時の名残をとどめているものが各地にあります。こけむした遺構に囲まれた城跡に立ち、武将たちの人物像や歴史に思いをはせてみませんか。

 

こちらの記事もどうぞ

この記事のシリーズ Series of this article

話題のスポット

このシリーズは【話題のスポット】として、南日本新聞 生活情報誌てぃーたいむに掲載されたものです。衣食住などテーマを設け、人気のスポットを紹介します。旅・ドライブのご参考にどうぞ。

記事一覧を見る