フェリア倶楽部コンテンツFELIA! CLUB

この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENTS

旅・お出かけ
てぃーたいむてぃーたいむ

隼人城跡 | 思いをはせて城跡巡り(霧島市国分)

隼人城跡

隼人城跡

国分市街地や桜島の眺望広がる…

隼人城跡は桜島や国分市街地を見下ろす高台にあり、現在は城山公園として整備されています。築城年は不明ですが、古代には隼人が住み、中世には税所氏や本田氏が居城したと伝えられます。

展望台横から急な坂道を下ると、有事の際に領主などが逃げられる搦手門(からめてもん)につながり、昔の石段と高さ約3メートルのこけむした壁が残っています。さらに下ると島津義久が1604(慶長9)年に移り住んだ舞鶴城のあった国分小学校、国分高校に出ます。

隼人城

  • 霧島市国分上小川[MAP
  • P/国分城山公園に駐車
城跡

武将たちが敵の動きをいち早く察知し戦に備えるために知恵を絞って造った城。長い年月を経た現在も当時の名残をとどめているものが各地にあります。こけむした遺構に囲まれた城跡に立ち、武将たちの人物像や歴史に思いをはせてみませんか。

 

こちらの記事もどうぞ

この記事のシリーズ Series of this article

話題のスポット

このシリーズは【話題のスポット】として、南日本新聞 生活情報誌てぃーたいむに掲載されたものです。衣食住などテーマを設け、人気のスポットを紹介します。旅・ドライブのご参考にどうぞ。

記事一覧を見る