フェリア倶楽部コンテンツFELIA! CLUB

プレゼント・クーポンPRESENTS

フェリアSNSSOCIAL

くらし・住まい
フェリアフェリア

米盛病院に聞く不整脈のこと|フェリア健康相談

米盛病院に聞く不整脈のこと

不整脈

不整脈といってもいろんな症状があります。症状にあわせた治療法などを米盛病院の循環器内科 田上和幸先生に聞きました。

Q
不整脈の自覚症状とは
A

不整脈のタイプには大きく、脈が速くなる「頻脈(ひんみゃく)」と逆に、脈が遅くなる「徐脈(じょみゃく)」の二つがあります。症状としては、動悸(どうき)、ふらつき、息苦しさ、失神などがあります。

拍動は心臓の筋肉に一定のリズムで電気信号が伝わることにより生じますが、不整脈はこのリズムが乱れることをいいます。

Q
健康診断で不整脈と指摘されたら
A

脈のリズムの乱れが心電図に記されたのでしょう。判定が「軽度の異常」や「経過観察」などで、自覚症状がなければ問題はほとんどありません。

しかし、健康診断で何度も指摘されたり、「心房細動」などの具体的な所見があったり、2次検診を勧められれば早めに受診してください。

Q
どんな病気の可能性がある?
A

「頻脈」では、心房細動、心房粗動や発作性上室頻拍、心室頻拍など、「徐脈」では、房室ブロック、洞不全症候群などが考えられます。

いずれも動悸だけでなく失神したり、心不全や脳疾患につながったりするので検査と治療が必要です。診察後、①心電図②採血③レントゲン④心エコーなどの検査を行い、診断します。

Q
どんな治療方法がある?
A
心臓ペースメーカ

疾患によっては飲み薬や点滴による薬物治療で改善が期待できるケースもあります。これで改善が見込めない場合は次の段階へ進みます。

「徐脈」の場合は、心臓内の心筋に刺激を与え、脈の安定を図る心臓ペースメーカを植え込みます。

「頻脈」の場合は、異常な電気伝導を遮断する「カテーテルアブレーション治療」が有効な場合もあります。

Q
「カテーテルアブレーション治療」とは
血管撮影装置

「カテーテルアブレーション治療」で活用する血管撮影装置

A
カテーテルアブレーション

足の血管から心臓の中までカテーテルという細い管を通し、管の先端についている電極で異常な電気信号を発生させる箇所を焼灼(しょうしゃく)する、という方法です。

治療は2~4時間程度で、開胸手術に比べて体への負担が少ないのが特徴です。米盛病院では4~5日程度の入院が必要になります。

Q
どんな人が不整脈になる?
A

心臓疾患の場合、年齢は関係ありませんが、不整脈の中には加齢に従い増えてくるものもあります。

不整脈による息苦しさや失神により救急車で来院する患者さんには、飲酒が引き金になるケースも多いようです。生活習慣を整えることも大切ですね。

 

教えてくれたドクター

田上和幸先生
  • 米盛病院 循環器内科:田上和幸先生

社会医療法人 緑泉会 米盛病院

不整脈外来:診療日/水曜

整形外科、脳神経外科、心臓血管外科、内科、循環器内科など他科の診療日についてはお問い合わせください。

 

こちらの記事もどうぞ