フェリア倶楽部コンテンツFELIA! CLUB

この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENTS

フェリアSNSSOCIAL

旅・お出かけ
フェリアフェリア

知覧茶で茶いっぺ。こだわりの一杯を家庭でも | 南九州市

知覧茶で茶いっぺ。こだわりの一杯を家庭でも

初夏を知らせる一番茶

後岳茶碑

手蓑(てみの)峠を登った標高300mほどの山あい、後岳地区は知覧茶発祥の地と言われている。

後岳茶碑は茶畑が美しい山の頂上付近にあり、碑の背景から鹿児島市街地が見わたせる[MAP]。

 

寒暖差があり、霧深い環境が甘く芳醇(ほうじゅん)な茶に仕上げるそう。整列した茶の木は勢いよく新芽を伸ばし、若緑色に山並みを染めていた。

若緑色の茶畑

新芽の若緑色が映える茶畑

茶畑の中、店を構えるのは農林水産大臣賞受賞歴のある宮原光製茶。昔から変わらない「茶いっぺ(一杯)」のおもてなしで心をときほぐす。

3代目社長の宮原耕一さんは、鍛えた味覚、嗅覚、視覚で常連客の厳しい声に応える。「品種をブレンドし、毎年同じような味に調整する作業は難しい」。バランスが良い「やぶきた」を基本に、「ゆたかみどり」「あさつゆ」などを加え香りや色を整える。

バロンと茶葉

バロンと茶葉

加工場

加工場の様子

 

4月下旬、南九州市内では遅めという一番茶(新茶)の摘採時期がやってきた。家族に親戚、アルバイトを加え、加工まで作業を進める。10時と15時がお茶休憩。にじんだ汗を落ち着かせ、緑茶に合う甘い菓子に笑みがこぼれる。

お茶休憩の時間

お茶休憩の時間

長男、健(たけし)さんの妻である沙代子さんは、四六時中、親戚と一緒にいる環境に嫁いできた当初は驚いたそう。今ではすっかりなじんだ様子で、「夫はうちのお茶がないとだめで旅行にも持って行くんですよ」とにっこり。

知覧・頴娃・川辺の南九州市で、栽培面積、荒茶生産量とも日本一となった知覧茶だが、「お茶の産地だと知らない人もいます」と耕一さん。茶摘みの光景に初夏を感じる山の中。受け継がれる、こだわりの一杯に会いにきて。

(有)宮原光製茶

 

お茶の入れ方(1杯)

ℹ湯は半分ずつ2回に分けて入れるのが水色(すいしょく)をきれいに出すコツ

お茶の入れ方①

茶葉は3、4g(2、3人の時は5g)

お茶の入れ方②

湯冷ましの湯(湯飲み半量)を急須へ。1分後に湯飲みへ注ぐ

お茶の入れ方③

湯冷ましの湯、残り半量を急須へ注ぎ、時間を置かずに湯飲みへ

 

よかもんのススメ…

髙城庵
たきあん

築90年ほど、風情のある日本家屋に重厚な和家具、窓に映る季節の草花を愛でる日本庭園。畳に腰を下ろし、温かい茶でひと息つけば、和の心地よさに包まれる。

提供するのは膳に並べられた懐石風料理。「地域の人たちやパートさん方とメニューを考えている」と経営する髙城悟志さん。

2年前から始めた知覧茶うどん(660円)も自治体から声をかけられたのがきっかけだ。「小麦はお茶の風味を邪魔しないので相性が良い」。

知覧茶うどん

知覧茶うどん

食後はようかん付きの知覧茶抹茶(540円)で最後まで非日常を堪能したい。

髙城庵

髙城庵

髙城庵

  • 南九州市知覧町郡6329(知覧武家屋敷内)[MAP
  • 営/10:30~14:30
  • 休/1月9日(臨時休業あり)
  • P/なし(周辺に有料駐車場あり)
  • HP/髙城庵

 

鹿児島よかもん紀行MAP

南九州市MAP

鹿児島よかもん紀行 南九州市MAP

 

こちらの記事もどうぞ

この記事のシリーズ Series of this article