フェリア倶楽部コンテンツFELIA! CLUB

この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENTS

フェリアSNSSOCIAL

旅・お出かけ
フェリアフェリア

復元され職人の技で磨かれ輝き続ける薩摩切子 | さつま町

薩摩切子

復元され職人の技で磨かれ輝き続ける薩摩切子

復元の技 磨き輝く

幕末から明治の初め、淡い紅、藍、紫、緑色に染まったガラスは薩摩ビードロとして称賛されていた。薩摩切子として復元されてから32年。

 

「薩摩びーどろ工芸」では、魅せられた若手らがひたむきに技術を磨いていた。一人前の職人になるには、早くても吹き師は10年、切り師で5年かかるという。

色かぶせ作業中の吹き師

色かぶせ作業中の吹き師

形成作業中の吹き師

形成作業中の吹き師

室温が50度ほどになる日もある工場では、5人の吹き師が重量感のある吹き棒を手に、1200度を超える窯を行ったり来たり。

歴25年になる、取締役工場長の野村誠さんは「熱したガラスに色をブレンドしていく。厚さ2mmに仕上げるための吹き加減が難しい」。小さな杯だと1日に80個以上形成できるが、不純物が入るため、作品になるのはその中の6割ほどである。

切り師による荒彫り

切り師による荒彫り

カット作業で仕上げられるのは1日に約3個。目安の線を光で透かし見ながら、ホイールの上で緻密に動かす。中でも黒色は光を通さないので難易度が上がる。切り師の腕の見せ所だ。

 

インテリア照明

インテリア照明

「県内外から表札や照明などの依頼が増えている。暮らしの中に溶け込むような作品にも挑戦したい」と意気込む野村さん。

館内では桜島をモチーフにした香炉や、「薩摩ブラウン」と名付けた器など、年齢や役割を問わず、絞り出したアイデアと技を結集させた目新しい作品も販売する。

年ごとに限定作品を作っており、写真は2019年度作品の杯「朔(さく)」。繊細な線を際立たせる漆黒が美しい「薩摩黒切子」だ。

2019年度作品の杯「朔」

2019年度作品の杯「朔」

どこに飾ろうか、何を盛り付けようかと、想像するだけで心ときめく。伝統に新たな魅力を加え、再び薩摩切子の名を全国に轟(とどろ)かす。

薩摩切子の制作工程

ℹ工程は全部で20。完成までの工程の一部。

一部工程の目安線を入れる割り付け

一部工程の目安線を入れる割り付け

ダイヤモンドホイールによる荒彫り

ダイヤモンドホイールによる荒彫り

研石による細かいカット

研石による細かいカット

磨き

磨き

検査をクリアした完成品

検査をクリアした完成品

薩摩びーどろ工芸

 

よかもんのススメ…

NexTram KIRIKO
ネクストトラム キリコ

薩摩切子をモチーフにしたエンブレムやロールブラインドをあしらう電車。さっそうと町の中を走れば、藍と金色の凜とした佇まいで通行人の目を引く。

NexTram KIRIKOの外観

NexTram KIRIKOの外観

「運転士も誇らしい」と話すのは、企画から完成まで携わった電車事業課の相良長浩さん。「乗れた人はラッキーと喜んでくれる。日常の中にちょっとした幸せを感じてもらえたら」。

NexTram KIRIKOの車内

NexTram KIRIKOの車内

木目に包まれた明るい車内は、26席と通常の電車よりもゆったり。天井部の欄間にはめ込んだ、「薩摩びーどろ工芸」の薩摩切子がキラキラと太陽の光に反射していた。

NexTram KIRIKOの欄間

NexTram KIRIKOの欄間

ℹNexTram KIRIKOは鹿児島市内を時間不定でランダム運行中。10月より貸し切りも受け付ける。

鹿児島市交通局

 

鹿児島よかもん紀行MAP

鹿児島よかもん紀行 さつま町MAP

鹿児島よかもん紀行 さつま町MAP

 

こちらの記事もどうぞ

この記事のシリーズ Series of this article