この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

旅・お出かけ
フェリアフェリア

特産品化を目指す日置市産オリーブで地元を盛り上げる | 日置市

特産品化を目指す日置市産オリーブで地元を盛り上げる

特産品化を目指す日置市産オリーブで地元を盛り上げる

根差し広がる オリーブの木

2013年、日置市でオリーブ栽培が始まった。明治時代に政府によるオリーブの試験栽培があり、栽培地に鹿児島が含まれた歴史が由来。

 

市が管理する農園で欧米のオリーブ16品種を栽培し、その中から市の風土に合う5品種を選定。市民へ栽培の推進も図り、現在、市全体で約6千本のオリーブを栽培している。

オリーブは枝葉の間に実をつけ、緑から紫色に色づき始める9~10月が収穫期。初収穫となった17年は95kg、昨年は931kgを収穫。今年は2tほどが見込めるという。

オリーブの収獲

オリーブの収獲

オリーブの実

オリーブの実

 

香川県小豆島で半年間生活し、オリーブ栽培を学んだ市農林水産課の下池裕太さんは「手探りのスタートから、ここまでたどり着けた」と胸をなで下ろす。

収獲した実は鹿児島オリーブ(日置市東市来)が買い取り、オリーブオイルなどに加工する。専用の搾油機で、収穫後24時間以内に搾る。

オリーブオイル

オリーブオイル

実から取れるオイルは収穫量の7~8%で、昨年はスペイン・イタリア産のオイルとブレンドして販売した。営業課長の安田貴さんは「今年は日置市産100%を作りたい」と収穫量に期待する。

苦味、辛味、渋味、甘味のバランスでオリーブオイルの風味は決まる。日置市産はまろやかで、刺し身や豆腐にかければ素材の味が引き立つ。

「品種ごとのオイルを作り、奥深い魅力を伝えたい」と安田さん。オリーブの木の寿命は数千年といわれ、「まだ始まったばかり」と前を向く。

日置市農林水産課

  • 日置市伊集院町下谷口1960-1[MAP
  • TEL:099-273-8870

鹿児島オリーブ

鹿児島オリーブの商品は鹿児島オリーブ本社とオリーブ専門店「Vigore(ビゴーレ)」、オンラインショップで購入できる。

鹿児島オリーブの商品

鹿児島オリーブの商品

写真商品について

右から「紫豊オリーブスペイン産(180g)」(1,620円)、「緑豊オリーブスペイン産(180g)」(2,700円)、「緑豊オリーブスペイン産(90g)」(1,620円)、「日置オリーブファームブレンドオイル(70g)」(2,160円)、「緑豊オリーブイタリア産(90g)」(1,620円)、「緑豊オリーブイタリア産(180g)」(2,700円)、「ガーリックオイル(180g)」(2,700円)

鹿児島オリーブの安田貴さん

鹿児島オリーブ オリーブ専門店 Vigore
ビゴーレ

 

よかもんのススメ…

四季折々ゆのはな

地元の食材を使った創作和食。3段の箱膳ランチ「旬菜膳」(1,500円)は、一品ずつ丁寧に口に運びたくなる彩りと味わいが人気だ。

ランチ「旬菜膳」

ランチ「旬菜膳」

今年から前菜7品に定番で並ぶのが、「日置オリーブファームブレンドオイル」や乾燥させたオリーブの葉を使った一品。

店主の深川正嗣さんが「オリーブオイルと和食がつながるもの」と考え、江口浜で捕れた釜あげちりめんや地元産の茶葉とあえ、つくだ煮風にした。箸でつまんで口にするとオリーブの香りがふわり。塩気もあり、ごはんが進む。やみつきになるおいしさに会いに来て。

四季折々ゆのはな外観

四季折々ゆのはな外観

四季折々ゆのはな

  • 日置市東市来町湯田3073-7[MAP
  • TEL:099-246-6366
  • 営/12:00~14:00、18:30~21:00
  • 休/日曜、第2・4月曜
  • Facebook/四季折々ゆのはな

 

鹿児島よかもん紀行MAP

鹿児島よかもん紀行 日置市MAP

鹿児島よかもん紀行 日置市MAP

 

こちらの記事もどうぞ

この記事のシリーズ Series of this article