システムメンテナンスのお知らせ
  • 12月8日(日)21:00~24:00の間、システムメンテナンスを実施します。作業中はサービスをご利用いただけない場合がございます。ご不便をおかけしますが、ご理解いただきますようお願いします。

この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

ライフスタイル
フェリアフェリア

プロダクション経営兼役者/役者と経営者の2足のわらじ。笑いと未来の役者を育て守る

森山幸のさん

森山 幸のさん
WAGUMI(鹿児島市)

舞踊、芝居、歌の三本柱を軸に、全国各地のホール会場や温泉施設などで公演を重ねる、和のエンターテインメントグループ「WAGUMI」。

「日本人にとって和の世界は身近でなじみやすいもの」。歌舞伎を思わせる化粧に華やかな着物を身にまとい、楽しい芝居や舞で客を沸かせる。

 

お笑い好き生かす おばあちゃん役

大量のカツラや衣装を持って、全国各地を飛び回る体力勝負の仕事。事務所や宿泊先まで訪ねて来る熱狂的なファンがおり、食べきれないほどのケーキや果物が送られてくることもある。

三枚目のおばあちゃん役

おばあちゃん役の森山さんに会場中が大笑い

そんな演者の世界へ飛び込んだのは27歳の時。役者である夫との結婚を機に、妻として自然と舞台に立つようになった。「初舞台でも緊張はなかった。一日一日を確実にこなすだけ」。包み込むような優しい笑顔は周りに安心感を与える。

三枚目のおばあちゃん役がお決まり。腰を曲げてちょこちょこと舞台上を歩き回り、日常のあるあるネタからクスッと笑える恋愛トークまで繰り広げる変貌っぷりは見事だ。「モデルは志村けんさん。お笑いが好きで」と笑う。

目指すのは世代を問わず楽しめる舞台。「演劇から漫才まで、演出のヒントはそこら中にちらばっている」

経営基盤を固め 未来の役者まで守る

収入にばらつきのある業界。生活を気にせずに、役者が芸に打ち込める環境を作りたいと、代表取締役の大江錦之介さんが立ち上げた月給制の会社で、専務取締役として経営に携わる。いつも願うことは、「メンバーがけがをせずに、舞台を無事に成功させること」。

舞踊教室の先生も務める。「公演を見て興味を持って来てくれる子どもが多い」。中には学業の合間で公演に同行し、裏方から本格的に修業を積む子もいる。「プロになって入社してくれたりと、成長を見ることができてうれしい」。

娘の舞花ちゃん(7歳)と、息子の祐亮ちゃん(2歳)も舞台デビューを果たしている。「次世代の役者まで守れるように、しっかりとした会社経営をしていきたい」。息子を腕の中で抱きしめながら、穏やかな母の顔でほほ笑んだ。

 

set-CloseUp2

森山 幸の(もりやま・さちの)さん
プロフィール

岩手県奥州市生まれ、歯科(家業)にて受付を経験。98年大衆演劇の受付(アルバイト)を経験し、役者の夫と出会い、結婚。2005年鹿児島県へ。04年「歌・舞・侯WAGUMI」を結成、08年「WAGUMI」の設立に携わる。専務取締役。

HP/WAGUMI

今これに夢中です
入浴剤

ローズの香りが一番好きで、気になる商品は取り寄せることも。子どもが寝た後、ゆっくりとお風呂に入る時間を大切にしています。

こちらの記事もどうぞ

この記事のシリーズ Series of this article

Close up

鹿児島で働く女性たちを紹介しているFelia!の『クローズアップ』。いろいろな職場で輝いている彼女たちの姿や、これまでの足取りをご紹介します。

記事一覧を見る