この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

旅・お出かけ
フェリアフェリア

小振りで皮が薄く濃厚な味!瑞々しい大里みかん | いちき串木野市

小振りで皮が薄く濃厚な味!瑞々しい大里みかん

小振りで皮が薄く濃厚な味!瑞々しい大里みかん

先人が開いた畑に感謝込め

南九州自動車道市来IC近くの山あいにある大里地区は、戦後すぐに開墾されたミカンの里だ。

 

11月に入り、収穫に追われる高橋さやかさんは、廃園が増える大里の数少ない若手農家の一人。「水はけの良い恵まれた土壌が、小振りで味の濃い大里みかんに育ててくれる。以前は山の上から下までミカン畑だったそう。昔の人が苦労して耕した畑をできるだけ廃園にしたくない」。開墾団の一員だった祖父が開いたこの地を家族で懸命に守る。

畑に立つ高橋さやかさん

畑に立つ高橋さやかさん

 

形が悪いだけで正規品にならない実が多く、落ち込む父を見て加工品を作り始めたのが5年前。市の女性を対象にした「チャレンジ農業♡おごじょ塾」で加工品の奥深さに触れ、生産の道にも足を踏み入れた。

果実を丸ごと使ったジャム(ミカン140g 400円、ポンカン140g 500円)は爽やかで濃厚な香りと味わい。市来えびす市場で販売するほか、市のふるさと納税の返礼品になっている。

果実を丸ごと使ったジャム

果実を丸ごと使ったジャム

水の管理や枝切り、摘果などはタイミングが味や見た目を左右する。「今の時季に雨が多いと皮がブヨブヨになる。お願いだから降らないで、と祈るしかできない」。

それでも手間がかかるほどかわいくて、気付けば一本一本に「お前は何が欲しいんだい」と話しかけている。

 

4児の母で、下はまだ手のかかる3歳。親の〝職場〟は格好の遊び場だ。「家族一緒に木登りしながらミカンちぎりできるのが農業のいいところ」と、自分のペースで自然と向き合う。

もっと幅広い層に食べてほしいと加工品開発に意欲を燃やし、農業に興味のある地域の女性たちと作った果汁のフリーズドライを県特産品コンクールに初出品した。

ラベルに使う屋号の「森の蔵農園」は、亡き祖父森蔵さんの名を継ぐ。家族を育んでくれたミカン山に感謝を込めて。

大里みかん

大里みかん

森の蔵農園

  • いちき串木野市大里5961-8
  • TEL:090-4585-1778
  • Facebook/森の蔵農園

 

よかもんのススメ…

市来えびす市場

市来町漁協の物産館。タイが飛び跳ねるイメージの外観は、天皇陛下の納采の儀に同漁協のタイが使われたことにちなむ。

新鮮な地魚

新鮮な地魚

「魚を見る目はどこにも負けない」と、川野義則市場長が太鼓判を押す新鮮な地魚のほか、地元農家が持ち込んだ野菜、総菜が並ぶ。売り場の一角に高橋さんの大里みかんジャムを置いているのは、「やる気のある若手を応援したい」という気持ちから。

直営する食堂(昼のみ、水曜定休)では刺し身定食(1,380円)、海鮮丼定食(1,080円)などが人気。海を眺めながら季節の味を堪能できる。

市来えびす市場外観

市来えびす市場外観

市来えびす市場

  • いちき串木野市湊町1-99[MAP
  • TEL:0996-21-5082
  • 営/9:00~17:30
  • 休/第2・4水曜(8・12月除く)
  • HP/市来えびす市場

 

 

鹿児島よかもん紀行MAP

鹿児島よかもん紀行 いちき串木野市MAP

鹿児島よかもん紀行 いちき串木野市MAP

 

こちらの記事もどうぞ

この記事のシリーズ Series of this article