この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

ライフスタイル
フェリアフェリア

動画配信クリエーター/営業女子との二刀流でカメラの向こうにありのまま語り掛ける

ゆうりさん

ゆうりさん
(東京都在住)

個人が投稿した映像を、インターネットを経由して他者が視聴できる動画配信サービス「YouTube」。視聴者が興味をひく動画で再生回数を増やし、広告収入につなげる人も多い。動画を配信するクリエーター〝ユーチューバー〟は、近年、小学生からも憧れの職業に挙げられる。

ありのままの私をクスッと笑って

東京から帰省した昨年の12月下旬、「故郷のお気に入りを撮りたい」と、鹿屋市のスイーツ店で許可を得て撮影を始めた。購入したスイーツを手に「これが大好きだったの」。カメラを向き、友だちと話すような口ぶり。何事かと振り返る人に会釈し「恥ずかしいけれど、やると決めたのは自分」と、はにかんだ。

初めての動画投稿は社会人1年目の秋。「やってみたい」を失恋を機に実行。ファッションやコスメなど営業職の自身の姿を10分間ほどの動画に編集して1カ月に1~2本投稿した。

9カ月経つと、チャンネルを気に入った視聴者数を示す登録者が800人を超え、スポンサーとの提携が始まる。さらに3カ月経つと、繁忙期のやつれた表情を映した「営業女子の1週間」の再生回数が60万回、その翌月に登録者が1万人を超えた。

飲み会から帰宅して缶ビールを飲み始めたり、まな板を出すのが面倒だからと皿の上で食材をカットしたり。そんな飾らない日常が、同じ境遇にある視聴者の心をとらえ再生回数が伸びた。

どんな出来事でも肯定できる心に

昨年、副業を前提に広告代理店に転職し、今は1カ月に12本ほど動画を投稿。「おこづかい程度」の広告収入を得られるようになった。動画配信のマネジメント会社から声がかかることもあるが、休日や帰宅後に撮影と編集を「趣味のように」楽しむスタイルにこだわる。

学生時代はアナウンサーに憧れたが挫折した。就職し、数字に追われる営業に疲弊し、ごはんの味も感じられなかったこともある。動画ではつらかった過去も淡々とさらけ出す。「私も頑張れそう」との視聴者のコメントから「もがき苦しんだ経験は、誰かの心に寄り添える」と自信に変えた。輝く目でカメラを見つめ、届けたいのは等身大の自分だ。

set-CloseUp2

ゆうりさん
プロフィール

鹿屋市生まれ。鹿屋高校、関西学院大学を卒業し、東京の人材サービス会社に就職。昨年、広告代理店へ転職し、主にウェブ広告の営業を担う。2017年から動画配信サービス「YouTube」で「ゆうりチャンネル」を配信中。

動画サイト(YouTube)/ゆうりチャンネル

今これに夢中です
「J01」

男性アイドルグループです。昨年、テレビでオーディション番組があり、101人の中から17~24歳の11人が選ばれて結成。みんながダンスや歌のレッスンを頑張っている姿をずっと見ていたので、親心のような気持ちで応援。すでにファンクラブにも入っています!

こちらの記事もどうぞ

この記事のシリーズ Series of this article

Close up

鹿児島で働く女性たちを紹介しているFelia!の『クローズアップ』。いろいろな職場で輝いている彼女たちの姿や、これまでの足取りをご紹介します。

記事一覧を見る