この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

旅・お出かけ
フェリアフェリア

赤い宝石「ひおきいちご」は、真っ赤に実って春を待つ | 日置市

新品種ぴかいちごをはじめとする日置産の赤い宝石"ひおきいちご"

新品種ぴかいちごをはじめとする日置産の赤い宝石"ひおきいちご"

食べると唇に甘い余韻が残る…

1月下旬、日置市東市来町養母のビニールハウスに柔らかな朝日が差し込み、受粉を担うミツバチの羽音が響いていた。

真っ赤に実り、収穫を待つイチゴの名は「ぴかいちご」。鹿児島県が品種開発し、2019年愛称が決まった。大粒の実をかじると、甘い果汁がじゅわり。ほのかな酸味と高い糖度で唇に甘い余韻が残る。

オリジナルシールが目印の「ぴかいちご」

オリジナルシールが目印の「ぴかいちご」

「11月から収獲できるが、少しずつ暖かくなる2~3月は、もっと味がのる」と、生産者の小園春男さん。この新品種の栽培を6年前に始めた。「葉が成長しすぎたり、翌シーズンのための苗作りに失敗したり」と手探りの栽培だったが、天敵の炭そ病や光加減に目を光らせ苗を増やした。今期は1,400本ほどの苗が、たくさんの実をつけている。

小園さんが育てたイチゴは、物産館「江口蓬莱館」(日置市東市来)にも並ぶ。「午前中に売り切れることが多い。開店に合わせて来店されることをおすすめします」と支配人の柿本久人さん。

江口蓬莱館に陳列されたぴかいちご

江口蓬莱館に陳列されたぴかいちご

日置市のイチゴ生産者は32人。うち15人が「ぴかいちご」の栽培に着手し、市全体の栽培面積は29アールほど。約5.8ヘクタールの「さがほのか」と比べて生産量は少なく、消費者の手に届きにくい。市農林水産課の奥直洋さんは「栽培技術の確立を目指している。まだ始まったばかり」。

市は日置産のイチゴを「ひおきいちご」と名付けてPRに力を入れる。昨年は小園さんが会長を務める東市来いちご部会のイチゴが「かごしまブランド」に認定された。

生産者の小園春男さん

生産者の小園春男さん

小園さんは「苗作り、土の消毒、収穫、パック詰めと作業は多いが、真っ赤な果実を目にするとやっぱりうれしい」。後継者不足の悩みも口にしながら、丁寧に手入れされたイチゴ畑を見渡した。

日置市農林水産課(鹿児島地域振興局日置庁舎内)

  • 日置市伊集院町下谷口1960-1[MAP
  • TEL:099-273-8870

江口蓬莱館

  • 日置市東市来町伊作田7425-5[MAP
  • TEL:099-274-7666
  • 営/9:00~17:30
  • HP/江口蓬莱館

 

よかもんのススメ…

ミロプレッソ

季節の果物のショート

季節の果物のショート

のどかな田園風景や江口浜を望む小高い場所に建つ、こぢんまりとしたイタリア料理の店。イチゴが収獲できる時季は、ショートケーキ(550円)やフレンチトースト(990円)に「ひおきいちご」を使う。

料理に使う野菜も日置産で「味が濃い地元の食材のおいしさを伝えたい」とオーナーシェフの内野美香さん。サイフォンで入れるこだわりのコーヒーとともに、ひと息ついて。

開店と同時に満席になることも多いため、予約がおすすめ。14:00までのランチタイムはパスタ・ピザ5種からメインを選ぶランチセット(1,980円)のみ。スイーツは追加で注文するか、14:00以降に。

ミロプレッソのテラス席

ミロプレッソのテラス席

ミロプレッソ

  • 日置市東市来町伊作田823[MAP
  • TEL:099-295-3616
  • 営/11:30~22:00
  • 休/火、水曜

 

鹿児島よかもん紀行MAP

鹿児島よかもん紀行 日置市MAP

鹿児島よかもん紀行 日置市MAP

 

この記事のシリーズ Series of this article

鹿児島よかもん紀行

鹿児島ならではの良いモノ=『よかもん』の数々を、フェリアが取材しました。「よかもん」を作っている、売っている場所近くのスポット情報もあり!

記事一覧を見る

こちらの記事もどうぞ