この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

旅・お出かけ
フェリアフェリア

伝統工芸・印染を守る職人さんの技術と極彩色の世界に魅了される…

祝の場を彩る日本の伝統工芸!継承される手染めの大漁旗・のぼり

染め職人は減少の一途…

日本伝統の印染(しるしぞめ)を昔ながらの手染めで継承する亀﨑染工。明治2年に熊本で創業、40年に串木野に移った老舗だ。

 

漁師町に欠かせない大漁旗や五月の節句の幟(のぼり)、のれんや法被といった染め物を製造・直売している。

県指定伝統工芸品認定の五月幟

県指定伝統工芸品認定の五月幟

2月、工房を訪ねると、進水式を控えた新造船の大漁旗と「牛若丸と弁慶」の武者幟の染め付け作業中だった。職人が一色一色、大小の刷毛(はけ)で色をのせていくと、躍動感に満ちた極彩色の世界が立ち上がってくる。

ぼかしで顔の立体感を表現

ぼかしで顔の立体感を表現

印染は布に家紋や文字を染め抜く技術。のりで文字や図柄の輪郭線を引いて下絵を描き、顔料・染料で色付けする。乾燥させ、のりを洗い落とせば白い縁取りが現れ、鮮やかに図柄を際立たせる。

武者幟の型紙

武者幟の型紙

5代目の亀﨑昌大さんは手染めの魅力を「良くも悪くも、線が柔らかい。武者の顔が職人によって違うのも、手仕事ならでは」と語る。

5代目の亀﨑昌大さん(左)新人社員の橋口彩花さん

5代目の亀﨑昌大さん(左)新人社員の橋口彩花さん

生活様式の変化や印刷技術の発達…。染め職人は減少の一途だ。亀﨑さんは若い感覚に訴える新商品開発や海外進出を図る一方、まずは自分たちの仕事を知ってもらうことが肝心だと考えている。

ワークショップの開催やSNSを活用。「染めの工程を見れば、この値段になるのも理解されるはず。動画なら言葉は関係ない。(大容量のデータを送信できる)5G到来は絶好のチャンス」とみる。

印染を再び日本人の暮らしの中に。伝統にこだわると同時に最新技術を取り入れ、生き残りを模索する。

最新技術による新感覚の祝い旗

最新技術による新感覚の祝い旗

亀﨑染工

  • いちき串木野市旭町156[MAP
  • TEL:0996-32-3053
  • HP/亀﨑染工

 

よかもんのススメ…

あづまバッグ

日本伝統の柄「麻の葉」のあづまバッグ

日本伝統の柄「麻の葉」のあづまバッグ

江戸時代からある「あづま袋」に発想を得たショルダーバッグ(12,800円・税別)。帆布に印染を施し、ストラップは帆布に漆プリントで加工、手仕事ならではのぬくもりを感じる。

亀﨑染工の独自ブランド「亀染屋」が展開する商品の一つで、より小ぶりで手ぬぐい生地製の「あづま袋」は、2018年度国のクール・ジャパン事業でフランス・パリで展示販売された。

鹿児島ブランドショップにはほかに、名刺入れや手ぬぐいなど印染の小物も。亀染屋直販サイトでも扱っている。

名刺入れや手ぬぐいなどの小物

名刺入れや手ぬぐいなどの小物

鹿児島ブランドショップ

  • 鹿児島市名山町9-1[MAP
  • TEL:099-225-6120
  • 営/9:00~18:00
  • 休/年末年始
  • 亀染屋直販サイト/亀染屋・祝の印

 

鹿児島よかもん紀行MAP

鹿児島よかもん紀行 いちき串木野市MAP

鹿児島よかもん紀行 いちき串木野市MAP

 

この記事のシリーズ Series of this article

鹿児島よかもん紀行

鹿児島ならではの良いモノ=『よかもん』の数々を、フェリアが取材しました。「よかもん」を作っている、売っている場所近くのスポット情報もあり!

記事一覧を見る

こちらの記事もどうぞ